⑦
現在ネット上で、生卵を凍らせた、いわゆる「冷凍卵」を使ったさまざまな料理レシピが大流行しています。

私も前回、冷凍卵で目玉焼きを作ってみたんですが、これがもう非常においしくて(^∀^)


で今回は、「冷凍卵」を使ったレシピの中で、目玉焼きと並んで人気の、「卵かけご飯」を作ってみました♪

「冷凍卵かけご飯」も、冷凍卵レシピ の中ではオーソドックスな料理にあたります。簡単な上においしいので、ネット上では絶賛の嵐が巻き起こっています(^_^)



【材料】
●生卵 1個  ●ご飯 1膳  ●しょうゆ 適量

【作り方・レシピ】
①卵を保存袋に入れ、冷凍庫に12時間くらい入れておきます。

②凍らせた卵(冷凍卵)を、ボールに入れた水に1~2分ほど浸します。

③殻をむきます。

④殻をむいた冷凍卵を解凍します。

⑤解凍した冷凍卵をよくかき混ぜ、そこに醤油を加えます。

⑥熱々のご飯の上に⑤をかけたら完成!



このレシピを、写真を交えながら紹介します♪


①卵を保存袋に入れ、冷凍庫に12時間くらい入れておきます。
①
まずは冷凍卵を作ります。

冷凍庫に入れて生卵を凍らせるんですが、その際、卵をジップロックなどの保存袋に入れた状態で凍らせます。理由は、卵を凍らせる過程で卵白が膨張し、殻が割れてしまうため。



②凍らせた卵(冷凍卵)を、ボールに入れた水に1~2分ほど浸します。
②②’
凍らせた卵は、冷凍庫から取り出したばかりだとカチカチで殻が非常にむきにくくなっています。

この工程は、殻をむくための準備段階。



③殻をむきます。
③
水に浸した冷凍卵は、とっても簡単に殻がむけます。

特別なコツやポイントは一切ありません。簡単にどんどんむけていきました。

ただかなり冷たくて、手先がつらい感じになります。耐えましょう(☆゚∀゚)



④殻をむいた冷凍卵を解凍します。
④④’
解凍にかかる時間は、自然解凍なら約1時間ほど。

冷凍卵を置いている環境の気温によって変化するので、1時間という時間は目安程度にして下さい。


冷凍卵を解凍すると、白身の部分はとろりとした表情に戻りますが、黄身の部分はかたさを保ったまま。黄身は、箸ではさんで持ちあげられるほどのかたさが残った状態になります(^∀^)



⑤解凍した冷凍卵をよくかき混ぜ、そこに醤油を加えます。
⑤
解凍した冷凍卵はかき混ぜても、黄身部分は完全には溶けだしません。

細かな玉状態というか、細かな固形状に黄身は崩れます。



⑥熱々のご飯の上に⑤をかけたら完成!
⑥
こちらが完成品になります!

黄身が固形状なので、明らかに普通に作った卵かけご飯とはヴィジュアルが違いますね(′∀`)

卵は非常にとろみとツヤがあり、とってもおいしそう!
⑦
さっそくひと口食べてみますと、おいしい!

普通に食べる卵かけご飯の3倍はおいしい!!!


卵の旨味がぎゅぎゅっと濃縮されたような、濃厚で深みのある黄身の味わいが、ご飯ととてもマッチしています♪ これならご飯2杯ぐらいペロッと食べられそうです(・∀・)

最初どろっとした口あたりの黄身は、口の中ですぐにとろりと形を崩し、甘みを含んだまろやかな味わいで口の中を満たしてくれます('▽'*)

使っているのは普通の卵なのに、超高級な卵のような味わいを堪能できました♪ 冷凍卵のポテンシャル、ハンパない!


卵を凍らせて~解凍するまでの工程で結構時間がとられるので、簡単ではありますがお手軽料理とは言いにくいですね。

ただそれだけの時間を割くだけの価値があるおいしい一品なので、時間がある方はぜひチャレンジしてみてください(o^∇^o)


最後に「冷凍卵」を使う際の注意点を書いておきます。
・凍らせるとはいえ、ちゃんと賞味期限内の卵を使ってください。
・卵は傷みやすいので、解凍したらすぐに食べきってください。 

※冷凍卵で作る目玉焼きのレシピはこちら。