森永乳業の、「MOW(モウ) ホワイトチョコ」を食べました♪
1
●カロリー234kcal、たんぱく質4.1g、脂質11.5g、炭水化物28.4g、ナトリウム45mg
●価格:84円(税込)
●販売者:森永乳業株式会社
●製造者:冨士乳業株式会社 三島工場


森永乳業が販売しているアイスクリームの「MOWシリーズ」に、新しいフレーバーが加わりました!

新登場したのは「ホワイトチョコ」で、今月の12日に新発売になったばかり。

商品自体の人気のためか、もともと流通している店舗数が限られているためなのか、なかなか販売されている店舗にたどり着けませんでした。何店舗かまわって、やっとゲットした次第です(´∀`)

私はイオンで購入したので、ある程度規模が大きいスーパーなどでは、取り扱いのある可能性が高いのかもしれません。


まずパッケージに目を向けてみますと、ケースの形やイメージ写真の配置場所など、基本的なところはレギュラーの「MOW」と変わりありません。

パッケージ(外箱)の中央部分には、商品のイメージ写真がプリントされていて、全体を水色でまとめあげています。水色というのが、なんとも爽やかなイメージを喚起させてきて、冬場には似つかわしくないですね(笑)。
2
外箱を取り外します。

内ブタがされている仕様は、レギュラーの「MOW」と同じですね。内ブタの真ん中には、「なめらかなくちどけ MOW」という文字が確認できます。


内容量は150mlで、種類別は「アイスミルク」にカテゴライズされています。
3
内ブタをめくると、商品の登場です。

「純白」と形容しても差し支えないくらい、鮮やかで突き抜けた白色をしていますね♪ この美しい白色は、「MOW」特有のミルク感に加えて、やはり「ホワイトチョコ」という素材が多分に影響しているためでしょうか。


内ブタをめくった瞬間、ふんわりと甘い香りが漂ってきました(^_^) ホワイトチョコとミルクの甘みが綯い交ぜになったような風味ですね♪ なかなかおいしそうです(o^∇^o)


ちなみに、本商品に使用されている「ホワイトチョコ」には、乳化剤が使われていません。このあたり、森永乳業さんの強いこだわりを感じますね!
4
スプーンは、さーっとなんの抵抗もなく中へ入っていきました。スプーンを通じて伝わってくる、このふんわりとした感覚は、実に「MOW」らしいですね(☆゚∀゚)


さっそくひと口食べてみますと、おいしい!

最初に口の中でひろがるのは、リッチなミルク感♪ このミルク感はまさに「MOW」の代名詞とも言える味わいですね(o^∇^o)

で、このリッチなミルク感のあとに、ホワイトチョコの風味がやってきます。やってきますが・・・、ホワイトチョコの風味は実におしとやかといいますか、非常に弱いですね(笑)。

「香りづけ」とまでは言いませんが、ホントそれくらいの感じで、「ホワイトチョコ」は味の中核をなしておらず、「ミルク感」が味の輪郭を形作っています(´∀`) 「ホワイトチョコ」は、あと味としてふわっと香る程度。


「ホワイトチョコ」の存在感は希薄ですが、全体としての味わいにはまとまりがあり、非常においしいです!

奥深いリッチなミルク感が前面に出ていて、それが口いっぱいに広がります。あとになって、ふわっと「ホワイトチョコ」の風味が混ざってきて、先のミルクの味わいにより一層の奥深さを与えている感じ(・∀・)

全体の味わいとしては、「ミルクセーキ」をアイスにしたようなイメージですかね♪
5
口あたりも良好!

「ふわふわ」とした口あたりで、これ以上ないというぐらいのクリーミーさを堪能できます(^∀^)

この「とろみ」と、ミルク&ホワイトチョコの甘みとが、非常に良い調和を生んでいます♪



「ホワイトチョコ」のあと引くような甘みをイメージしてこれを食べると、ちょっとした物足りなさを感じるかもしれませんが、そういった先入観なく食べれば、非常においしいアイスクリームと感じられる一品だと思います (´▽`)

レギュラーの「MOW」が好きな方は、間違いなく好きになる味わいかと!

「MOW ホワイトチョコ」は、3月下旬までの期間限定商品です。気になった方はお早めに♪

ごちそうまさでした!


※上記の評価・感想は、すべて個人的な主観に基づくものです。ご参考程度にして下さいませ。