食卓
2015年9月1日(火)にフジテレビ系列で放送された「発見!ウワサの食卓」のテーマは、「食べるだけでやせる&健康! 楽ちんダイエット大検証スペシャル」でした。

実際に成功者がいるダイエット法に、本当にダイエット効果があるのかどうかを検証する企画で、その中で「作りおきおかずダイエット」が取り上げられていました。


「作りおきおかず」とは、読んで字のごとく、作っておいてあとから食べるおかずのこと。時間がある時に一気にまとめてどばっと作っておき、数日間冷蔵庫内で保存しながら、毎日の食事やお弁当に使っていくというのが、今ちょっとしたブームになっています。

この「作りおきおかず」、一番のメリットは、時間が効率的に使えるようになる点だと思うんですが、実は作りおいておくおかずを工夫すれば、ダイエット効果も期待できるんです!

番組内では、この「作りおきおかずダイエット法」を考案した柳澤英子さんが、直々にこのダイエット法のポイントを簡潔にレクチャーされていました。

柳澤さん自身、この「作りおきおかずダイエット」を1年間行い、26kgの減量に成功された経験をお持ち! これは是が非でも、その内容・コツを知りたいですよね♪


以下、番組内で紹介された「作りおきおかずダイエットのやり方・方法」を簡単にまとめました。

ダイエットは苦しくて続かないという方は、ぜひこの減量法にチャレンジしてみてください!

肥満体型
糖質を控える
作りおきおかずを作るうえで、まず重要なのが、糖質を控えたメニューを作るように心がける点!

糖質を摂ると、必然的に血糖値が上がります。すると、インスリンと言うホルモンが分泌され、血液中の糖を脂肪に変え、体内に蓄えてしまいます。これが太る原因。

すなわち、端から糖質の摂取を控えれば、蓄えられる脂肪も減るので、太りにくくなるというわけ。加えて、糖質の摂取を控えると、シミやシワの予防にもつながるとのこと。

ダイエットと美容、両方の面からみて、糖質を抑えることは吉なわけですね♪


番組内では、糖質を控えた料理レシピが紹介されていました。

●いなりギョーザ
まずひとつめが、「いなりギョーザ」。

こちらはギョーザの皮の代わりに、油揚げを使用したギョーザになります。

皮を油揚げに変えるだけで、驚くべきことに、1人前約40gの糖質カットにつながります!

作り方は至って簡単。普通に作った餃子の餡を、いなり用の油揚げに詰め、あとはお肉に火が通るように弱火で焼くだけ♪


●キャベツシューマイ
続いて紹介されたのが、「キャベツシューマイ」。

こちらは、豚肉・玉ねぎ・キャベツを混ぜた具を、キャベツで包み、ラップをしてレンジで4分加熱すれば完成!

シューマイの皮の代わりにキャベツを使うことで、糖質を大幅に抑えることができます!



ちなみに、間食で何か食べたくなった時には、アーモンドやチーズがおすすめ。

これらの食材は、腹持ちが良い上に、糖質がひかえめなので、ダイエット中の間食にはもってこいとのこと。



2種類の食物繊維をバランスよく!
続いての「作りおきおかずダイエット」で注意すべき点が、「食物繊維」。

食物繊維の主な働きといえば、体内にある老廃物の排出。食物繊維をしっかりと摂ることは、確実にダイエットにつながっています。


ここで重要なのは、食物繊維を正しく摂取すること。

食物繊維には、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類が存在します。

一般的に、ゴボウや豆類、キノコ類には食物繊維が豊富だと言われていますが、これらの食材に含まれる食物繊維は不溶性のものになります。

対して、水溶性の食物繊維を多く含んでいるのが、山芋、納豆、アボカドなどの食材。


水溶性の食物繊維には、食べ物を押し出すだけでなく、食べ物と結びつき、空腹感を遠ざける効果が期待できるとのこと。


不溶性=老廃物の排出、水溶性=腹持ちというわけですね。

痩せる上では、これら2つの食物繊維の違いをしっかりと把握し、バランス良く食べることが求められます。


番組内では、これらのバランスを考えた作りおきおかずのレシピが紹介されていました。

●きのこmix
まずひとつめのが「きのこmix」。

しめじ、えのきだけ、エリンギといったきのこをカットし、ごま油でさっと炒め、煮立たせたダシ汁とあわせます。そこにワカメをのせれば完成!

水溶性のワカメと不溶性のきのこをうまく組み合わせたレシピですね♪


●アドカドチキン
続いて紹介されたのが、「アボカドチキン」。

ささみ肉とブロッコリーの芽を2~3分茹でます。茹であがったら、それらを一口大に切ったアボカドと合わせ、さらマヨネーズと柚子こしょうで味をととのえたら完成。

ちなみにアボカドは水溶性食物繊維が豊富なうえ、老化抑制効果も期待できる、極めて優秀な食材とのこと。


●豚肉と卵とキクラゲ炒め
続いて紹介されたのが、「豚肉と卵とキクラゲ炒め」です。

豚肉に、ごま油・塩胡椒を揉みこみ、下味をつけたら、それをフライパンでアスパラガス、キクラゲと一緒に炒めます。さらにそこに中華ダシと卵を加え、炒めたら完成!

実はキクラゲには、不溶性・水溶性どちらの食物繊維も非常に多いため、ダイエット中の強い味方になってくれます♪


酵素を摂る!
最後3つ目の「作りおきおかずダイエット」のポイントは、「酵素」です。

酵素とは、たんぱく質の一種で、大きく分けて「人間の体内で作られる酵素」と「食物に含まれる酵素」の2種類が存在します。

後者の食物酵素を積極的に摂ると、消化が早まり、体内の消化と代謝を助けてくれるので、結果的にダイエット効果が期待できるというわけ。

食物酵素は、生のフルーツや生野菜に多く含有されていますが、とりわけ山芋には豊富に含まれています。ほかにも、大根やカブにもたくさん含まれているとのこと。

また、納豆や漬物、ヨーグルトなどの発酵食品にも多くの酵素が含まれているので、見逃してはいけません。


番組内では、効率よく酵素を摂取できる万能ソース「ヨーグルトソース」が紹介されていました。

作り方は簡単。きゅうり、赤ピーマン、玉ねぎといった野菜を細かく刻み、水気を切ります。それらをプレーンヨーグルト、生クリーム、オリーブオイル、塩、粗びき胡椒と合わせ、よく混ぜたら完成。

このソースをかければ、どんな料理も酵素たっぷりのスペシャルな一品に変身してくれます♪



さいごに
以上、番組内で紹介された「作りおきおかずダイエットのやり方・方法」の簡単なまとめでした。

このダイエットの良いところは、きつい運動を必要としないところですね。もちろん食べ過ぎは厳禁ですが、食材が持っているとされる効果を賢く頼ることで、無理のない減量にチャレンジできそうです!

最近ちょっと太ってきたな、と感じている方は、ぜひトライしてみてください♪