鮭
2015年10月19日(月)に、テレビ東京系列で放送された「主治医が見つかる診療所」のテーマは、「突然死を防ぎ家族を守る コレステロールの新常識」でした。


現代の日本人の健康を脅かす存在の筆頭として挙げられるのが、心筋梗塞や脳梗塞などといった、いわゆる心臓血管系の病気です。

驚くべきことに、現在の日本人の死亡原因の4人に1人が、心臓血管系の病気なんです。

心臓血管系の病気を患い命を落とす日本人が増えている背景には、食の欧米化をはじめとした生活習慣の変化が挙げられます。

とにかく血管に関連した病気=大病なので、しっかりとした予防対策が求められることは明白ですよね。


血管の健康を考えるうえで、この回の「主治医が見つかる診療所」が注目していたのが、「悪玉コレステロール」でした。

「悪玉コレステロール」が血管に悪さをするのは有名な話ですが、今回取り上げられていたのは、「酸化悪玉コレステロール」というもの。

実は近年の研究により、「悪玉コレステロール」それ単体で血管に悪さをすることはなく、それが酸化され、「酸化悪玉コレステロール」になることで、心筋梗塞などの危険性が出てくるのではないか、と考えられるようになってきたとのこと。

「酸化悪玉コレステロール」というのは、人の体内にある「LDL悪玉コレステロール」と「活性酸素」が結びつくことで発生します。

この「酸化悪玉コレステロール」が血管の壁に入り込んでプラークを作るケースと、悪玉コレステロールが血管の壁に入り込んでから「酸化悪玉コレステロール」に変わりプラークを作るケースが存在し、これが動脈硬化につながっていると考えられています。


極めて恐ろしい「酸化悪玉コレステロール」ですが、番組内ではこれの発生を予防する方法がレクチャーされていました。すなわち、悪玉コレステロールを酸化させない方法ですね。

以下、番組内で紹介された「酸化悪玉コレステロールの発生を予防する方法」を簡単にまとめました。

血管は健康を考える上で重要な場所なので、健康志向の強い方はぜひ参考にして、自らの生活を見直してみてください!

医者
主な原因
悪玉コレステロールが酸化されてしまう主な原因としては、老化、喫煙、内臓脂肪過多、高血糖、糖尿病、ストレスなどが挙げられます。


この他にも、酸化したコレステロールを食べることでも、体内の酸化悪玉コレステロールは増えてしまうので注意が必要。

イクラの瓶詰やバター、マヨネーズなどコレステロールを多く含む食品を長期間保存した場合に「酸化したコレステロール」が食品内で増えてしまいます。

また、肉や魚といった動物性の食品を、高熱で何度も温め直すという行為も、食品内のコレステロールを酸化させることに直結している可能性があるとのこと。

食品の電子レンジを使った温め直しはよくすることだと思われますが、実はこれが酸化コレステロールを上げる原因になっていたんです。

1回程度の温め直しなら問題ありませんが、トータルで10分以上かかると、酸化コレステロールは上がってしまうとのこと。なので、動物性の食品を温め直す際は、温めるトータルの時間を10分以内にするように心がけましょう!



食品で予防!
番組内では、コレステロールの酸化を防ぐのに非常に効果的な食材(抗酸化食材)が2つ紹介されていました。


◆トマト
まず1つ目が健康食材の代名詞でもある「トマト」です。

「リコピン」と言われる色素が非常に酸化を防ぐ作用が強いんですが、このリコピンを豊富に含んでいる食材がトマトになります。

リコピンを継続的に摂取することで、体の中の酸化を少しずつ防げるようになるという研究データが存在し、まさに「抗酸化」という観点からみると、トマトは非常に心強い食品というわけ。


リコピンを効率よく摂取するためうえでは、トマトの中でも特にプチトマトがおすすめです。

プチトマトのリコピンの含有量は、一般的なトマトの約1.6倍にもなるんだとか!

食べる目安ですが、1食に5個程度食べれば、必要なリコピンが十分に取ることができます。


ちなみにリコピンが豊富にあるのは、皮と皮の直下なので、皮をむいてトマトを食すというのは非常にもったいない行為にあたります。トマトを食べる際は、ぜひ皮ごと食べるようにしてください。



◆鮭
続いて、酸化を防ぐ上で最強の食材として紹介されたのが「鮭」です。

日本人の朝食の定番である鮭が、実は高い抗酸化力を持っているんです!


ポイントは、鮭に豊富に含まれている「アスタキサンチン」という成分。

この「アスタキサンチン」には、抜群の抗酸化力があり、近年ではそのあまりの抗酸化力からアンチエイジングの分野からも注目されているんだとか。

この「アスタキサンチン」を非常に多く含んでいる食材が鮭というわけ。


で、鮭を効率的に毎日摂るには「サケ缶」がおすすめ。

サケ缶の中の鮭というのは、捕れたてのものをすぐに加工したものになるので、製造過程で鮭が酸素に触れる時間が極めて短いという特徴があります。

こういった経緯から、サケ缶の鮭は豊富にアスタキサンチンを含んでいる状態にあるんです。

またサケ缶は塩分もそれほど使用されていないので、塩分量を気にされる方も問題なく食べられます。

加えて、サケ缶の汁の中にアスタキサンチンが溶け出していますので、汁も残さず食すように心がけると、無駄なくアスタキサンチンを体内に入れることができます。



さいごに
以上、番組内で紹介された「酸化悪玉コレステロールの発生を予防する方法」の簡単なまとめでした。

「トマト」と「鮭」という、非常に身近な食材が高い抗酸化力を有しているとは意外でしたね~。

血管の健康に気を使いたい方は、ぜひトマトと鮭を食べるのを習慣化してください!