パティシエエスコヤマの、「小山ロール」を食べました♪
1
●価格:1404円(税込)
●販売者:パティシエエスコヤマ


今回レビューするのは、パティシエエスコヤマの「小山ロール」です(☆゚∀゚)


パティシエエスコヤマは、日本を代表するパティシエの小山進さんがオーナーを務めているお店。この小山さんが超すごい人なんです!

日本国内のスイーツにまつわるコンテストで輝かしい成績を残しているのはもちろん、世界的に高い評価を得ているんです。

というのも、小山さんはフランスで最も権威あるショコラ愛好会「C.C.C.(クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ)」のコンクールで、最高位を獲得して世界一に輝いた実績をお持ち(☆゚∀゚)

世界一流のスイーツ職人というわけですね♪


そんな小山さんが生み出したスイーツはたくさんありますが、その中でもとりわけ人気なのが「小山ロール」。

小山ロールはロールケーキで、現在は放送終了してしまったテレビ東京の「TVチャンピオン」という番組から生まれた商品なんです。

そのあまりのおいしさに、「関西三大ロール」のひとつにも数えられるほど(o^∇^o)
2
かなりしっかりした造りの箱を開けて、ロールケーキを確認。


上の写真のとおり、お洒落なデザインの包装紙で巻かれています。

包装紙に白いラインが入っているのがわかると思います。これはロールケーキを均等に切り分けるために施されている工夫とのこと。

確かにロールケーキを同じ大きさに切り分けるのって苦労しますからね~。これはありがたい配慮♪
3
さっそく切り分けました。

ロールケーキの形状としては、ごくごく一般的な「のの字」をしています。サイズ的にも、小さすぎることもなく、かといって大きすぎるということもなく、平均的な大きさだと感じました。

ビジュアル的に奇抜さはありません。小山ロールのウリは使用されている素材のレベルの高さです!


きめの細かなスポンジ生地には、卵黄のほか、たっぷりのハチミツが使われているとのこと。断面を見ただけでも伝わってくる生地のきめ細やかさから、空気がしっかりと入っているのがわかります♪

ロールされているクリームは、生クリームにカスタードを加えているとのこと。

さらに大きめにカットされた栗のコンポートも巻き込まれているという、かなりの豪華仕様(^∀^)


食べる前、たまごとハチミツの香りがふわーっと漂ってきて、食欲を刺激してきました!
4
さっそくひと口食べてみますと、非常においしい! 絶品です(^_^)


クリームよりもスポンジ生地の比率が高いためか、味わいの中心は生地の甘み♪

たまごの味わいとハチミツの甘さが効いた、まるで高級カステラのような味わい。そこにコクのあるクリームの甘さが加わることで、非常に深みのある甘さを作り上げていました(☆゚∀゚)

あくまでも主役はスポンジ生地で、その味わいを盛り立てるためにクリームがある、という感じ(´∀`*)

全体的にマイルドな甘さに落ち着いており、どこか懐かしさを感じる味わいでしたね♪ いや~うまい!


食感に関しても秀逸。基本やわらかいんですが、適度な弾力もあって、まさにロールケーキのお手本のような食感でした(・∀・)


栗のコンポートも、良いアクセントになっていましたね~♪

栗の甘さは抑えられているので、生地とクリームが織りなす甘さのバランスを崩すことはなく、あくまでも「良いアクセント」というポジションにおさまっているのが良いな~と感じました。

ふんわり食感の中に、時々栗の食感が顔をのぞかせてくるのが、なんともよかったです!
5
総合的に見て、極めておいしいロールケーキでした。

さすがに「関西三大ロール」のひとつに数えられることはありますね~。御見それしました(′∀`)


小山ロールの弱点を挙げるとすれば、賞味期限の短さと入手の難しさでしょうか。

賞味期限に関しては当日限りです。つまり買ったその日中に食べてくださいということですね。なので、お土産物にはちょっと不向きなのが残念なところです。

入手の困難さについてですが、小山ロールは賞味期限の短さもあってネット販売をしていません。なので、兵庫の三田にあるお店に買いに行くなど、買う場所・方法が限られているんですよね~。


とはいえ、これらの弱点があっても、絶対に食べた方がいいロールケーキです。ほんとにおいしいので♪

機会がありましたら、ぜひ購入して食べてみてください(^∀^)

ごちそうさまでした!


※上記の評価・感想は、全て個人的な主観に基くものです。ご参考程度にしてくださいませ。