メタボリック
2016年6月21日(火)にテレビ朝日系列で放送された「林修の今でしょ!講座」のテーマは、「最新医学でわかった『臓器別ダイエット講座!!』」で、最新の医学によって導き出された高い効果が期待できるダイエット方法がレクチャーされていました。

薄着や海・プールで水着を着る機会が増える夏がもう目前まで迫っています。夏までには痩せなければと焦っている方も多いのではないでしょうか。

今回の「林修の今でしょ!講座」では、医学的・科学的な根拠に基づいた減量法が取り上げらていました。


世の中にダイエット法というのは腐るほどありますが、今回の「林修の今でしょ!講座」は着目点・切り口が斬新でおもしろかったです♪

その名も「臓器別ダイエット法」で、身体の中にある4つの臓器(脳・胃・腸・胆のう)にスポットライトを当て、これらそれぞれの臓器に期待できるダイエット効果を紹介していました。

この記事では、脳のメカニズムに着目したダイエット法を簡潔にまとめました。


「脳」といえば、人間のあらゆる行動を司り、指令を出している超重要臓器のひとつ。

あらゆる臓器がある中でもとりわけ大切な臓器といっても過言ではありません。

そんな脳もダイエットに大きな影響を与えているとのこと。なんと脳はリバウンドするかどうかを決めているんだとか。

せっかく痩せてもリバウンドしてしまえば、それまでの苦労は水の泡に。しかしそれがわかっていてもリバウンドしてしまうから非常に厄介なんですよね~。

脳のパワーを巧みに利用すれば、このリバウンドを防ぐことができるかも! これは朗報ですよね♪


以下、番組内で紹介された「臓器別ダイエット法(脳)」を簡単にまとめました。

本格的な夏が来る前にすらっとした体型を手に入れたいという方は、ぜひ参考にしてみてください!


ちなみに臓器別ダイエット法をレクチャーしてくれたのは、血管系の病気の名医・池谷敏郎先生でした。

指を指すドクター
脳とダイエットの関係
脳のメカニズムを巧みに利用すれば、リバウンドを予防する効果が期待できます。


そもそもリバウンドという現象は脳が深く関わっています。

端的に言えば、脳が「倹約モード」に切り替わるから、リバウンドが起こってしまうんです。

体にためていたエネルギー源が少なくなると、脳はこのままではマズイと判断し、少ないエネルギーでも活動できるように倹約モードになります。

この倹約モード中は、あまり脂肪燃焼しなくてもいい体になっているというわけ。ダイエットするには非常に効率の悪いメカニズムですが、これは食料が少なかった時代に少量のエネルギーで生き延びるために備わったものと考えられます。


脳が倹約モードの変わることは、ダイエットで体重が落ちなくなる、いわゆる停滞期に深く関わっています。

倹約モードになると、食事の量を減らしても、その減った食料分でエネルギーをまかなうようになってしまうため、体重が落ちなくなってしまうんですね。

脳が倹約モードのままだと、食べる量をもとに戻しただけでも太っていってしまいます。これがリバウンドという現象。



食事の15分前にガムを噛む
なのでリバウンドを防ぐためには、脳を倹約モードにしないことが大切。

そのためには、脳に満腹だよと、しっかり感じさせることが重要になってきます。


具体的には、ガムを噛むようにすればいいとのこと。

脳は咀嚼によって満腹を感じるようになります。なにかを噛むと、約15分~20分後にヒスタミンが分泌され、満腹中枢が刺激されるようになっています。

なので食事の15分前にガムを噛めば、食事量を自然に無理なく減らせるというわけ。



小さいお皿で満腹感アップ
さらにもうひとつ、脳のメカニズムを利用したダイエット法がレクチャーされていました。

それは、料理をのせるお皿を小さくするというもの。

これは大きなお皿よりも小さいお皿に料理を盛り付けたほうが、たくさんあるように見えるため。

錯覚を利用して脳をダマし、満腹感をアップさせる方法になります。



さいごに
以上、番組内で紹介された「臓器別ダイエット法(脳)」の簡単なまとめでした。

脳が倹約モードになるとリバウンドにつながってしまうという情報は初耳で、非常に勉強になりました。

ガムを噛むことと小さなお皿・お茶碗で食事すること。これら2点をしっかりと実践しようと思います!