日清食品の、「日清焼そばU.F.O. 上海オイスター焼そば」を食べました♪
1
●カロリー585kcal、たんぱく質9.1g、脂質30.2g、炭水化物69.2g、ナトリウム1.6g
●価格:184円(税込)
●製造者:日清食品株式会社


今回レビューするのは、日清食品の新商品「日清焼そばU.F.O. 上海オイスター焼そば」。

先月の1日(月)に販売が始まった商品になります。


「日清焼そばU.F.O. 上海オイスター焼そば」という商品名からまるわかりのとおり、本商品は日清食品の超ロングセラーカップ焼きそばの「日清焼そばU.F.O.」の新味になります(☆゚∀゚)

日清焼そばU.F.O.はあとひくソースの独特な味わいがウリですが、本商品は味わいのベクトルが全然違って、とってもおもしろそう♪ 店頭で見かけて「これはおもしろい!」と思い、衝動買いしちゃいました('▽'*)

2
本商品は濃いソース味ではなく、味つけにはオイスターソースを使用しています。

オイスターソースと醤油から作ったソースで味つけした本格中華焼きそばというのが、本商品のウリ。

具材にはキヌサヤ、もやし、ニンジン、キクラゲが使われており、レギュラーの日清焼そばU.F.O.とは一線を画す新味といえそうですね(´∀`)

味つけや具材、そして商品名から察するに、「上海焼きそば」をモデル(モチーフ)にしているようです。どんな味わいに仕上がっているのか、とっても楽しみ♪


パッケージデザインに関しては、レギュラーのものを基本踏襲しつつ、色調がガラッと変わっていますね。

新鮮味と既視感が綯い交ぜになった不思議な印象をうけました(゚∀゚)

3
容器のなかには、油揚げめん、液体ソース、かやくの3点が入っています。

レギュラーのU.F.O.とは違い、ふりかけは入っていません。

麺は細めですね。しなやかでコシがあるのが特徴とのこと。


作り方ですが、油揚げめんのうえにかやくを入れ、容器の内側の線まで熱湯を注ぎ、フタをします。

3分待ったら、中の熱湯を捨て、液体ソースを注ぎます。

あとは全体にソースが行き渡るようによく混ぜたら完成です。

4
こちらが完成品になります。

まず色合いに関してですが、レギュラーのU.F.O.と比較して、あきらかに薄いですね。黒さよりも白さの方が強く出ている感じ。

具材は量が少ないためか、まったく存在感がありません(笑)。


ちょっと驚いたのが油分。

麺の表面が油分でツルツルになっているのが肉眼でしっかり確認できました。オイリー感抜群(苦笑)。これが吉と出るか凶と出るか…。


ちなみに本商品の内容量は1食あたり123g(めん100g)です。

5
さっそく食べてみますと、わりとあっさりした味わいで拍子抜け(笑)。

レギュラーのU.F.O.の濃くて中毒性のある味わいとは、まったくの別物で大きくかけ離れています。


オイスターソースと醤油がミックスされた味わいが中心になっています。

どちらかといえばオイスターの方が強めで、全体的にやさしい薄味にまとまっています。

しなやかでコシのある麺とソースはうまく絡んでおり、相性はなかなかいいですね♪ 噛むたびに鼻から海鮮の風味が抜けていき、おいしかったです(*゚▽゚*)

味にパンチはありませんが、無難においしくまとまっているな~という印象をうけました。


ただ、やはりオイリー感はすごかった(´∀`)

食べてる最中、ずっと口まわりが油でベトベトになっちゃいました(苦笑)。この点は、人によって好き嫌いがわかれそうです。


具材に関しては存在感は皆無(笑)。なくても問題ないくらいの感じです。

多少販売価格が高くなってもいいので、もっと具材を増やしていただきたいですね~。

日清食品の「日清焼そばU.F.O. 上海オイスター焼そば」
総合的に見て、なかなかおいしい逸品でした。

適度に海鮮の旨味が効いた焼きそばといった感じ♪ 飛びぬけておいしいわけじゃないけど、特別嫌う人もいないかな~という無難なおいしさに落ち着いていました(^_^)

ただやはり油分が多いためか、カロリーの方は580kcak以上と高め。ダイエット中の人はなかなか手が出しづらいですね(笑)。


日清食品の「日清焼そばU.F.O. 上海オイスター焼そば」。

全国のコンビニやスーパーマーケットなどでひろく販売されていますので、気になった方はぜひ一度買って食べてみてください(^∀^)

ごちそうさまでした!


※上記の評価・感想は、全て個人的な主観に基くものです。ご参考程度にしてくださいませ。