キャベツ
2016年11月8日(火)に日本テレビ系列で放送された「解決!ナイナイアンサー」では、「レンチン生姜&乳酸キャベツを食べる簡単ダイエット法」が取り上げられていました。


ここ数日で気温がぐっと落ち込み、秋の深まりを否応なく感じられる今日この頃。

寒くなる秋~冬にかけては、外で運動するのが面倒くさくなるので、どうしても太る傾向にあります。正月太りなんかはその代表例ですよね~。

で、今回の「解決!ナイナイアンサー」では、そんな厄介極まりない冬太りを、苦労することなく解消&防止するダイエット法が紹介されていました。


「解決!ナイナイアンサー」ではこれまでも何度か手軽に行えるダイエット法が紹介されてきました。アボカドがいいとか、ブロッコリースプラウトがいいとか、梅干しがいいとか。

今回レクチャーされたのも、いわゆる食べて痩せるタイプの減量法で、スポットライトが当てられた食材は、生姜とキャベツの2つでした。

放送されたのは、なんと「レンチン生姜」&「乳酸キャベツ」を作って食べるだけという、苦労することなく痩せられちゃうという驚愕の内容…。

生姜もキャベツも、スーパーで簡単に手に入る身近な食材なのに、ほんとにそんなダイエット効果があるのか、半信半疑になっちゃいますよね(笑)。

しかも、このダイエット法は食事制限なしで、ダイエットの大敵と言われるお米もお肉も食べてOKなんです。ますます半信半疑感が増しますよね~(笑)。


番組内では、「レンチン生姜・乳酸キャベツダイエットのやり方とメカニズム」が詳しく解説されていました。

以下、それらの内容を簡単にまとめましたので、冬太りを防ぎたい&体を絞りたいという方は、ぜひ実践してみてください♪

生姜をすりおろす
レンチン生姜
まず1つ目の楽痩せ食材が「生姜」。


痩せる効果のある成分としてカテキンが有名ですが、じつは生姜をレンジで温めると、そのカテキンの数倍ものダイエット効果をもつようになるんです!

体を温めてくれるありがたい食材のショウガですが、そのまま食べてもダイエット効果は期待できません。

加熱することが非常に重要。加熱すると、ショウガオールという成分が増えるんです。ショウガオールは生の生姜にはあまり含まれておらず、加熱すると33倍もの量に増加してくれます。

このショウガオールに、抜群のダイエット効果があるとのこと。ショウガオールを摂ると、脂肪燃焼を促す基礎代謝が上がるんだとか。さらに嬉しいことに、ショウガオールは摂取するだけで体温が上がり、エネルギーが消費されるため、運動はしなくてもOK。

なので継続して摂り続けることで、簡単に痩せやすい体質になれます!


番組内では、手軽にショウガオールを摂取する食べ方として、「レンチン生姜」をおすすめしていました。

ポイントは、あまりにも高い温度で加熱し過ぎないこと。じつは100℃を超えた調理を続けると、ショウガオールは消えてしまうんです。なので、ベストな加熱法は電子レンジで温めるという方法。

作り方は非常に簡単。

すりおろした生姜を、家庭用の電子レンジで3~4分ほど加熱すればOK。500Wの場合は約4分、750Wの場合は約3分となります。

加熱時に生姜が焦げてしまう可能性があるので、生姜が浸るくらいの水を加えてから加熱するようにしましょう。


こうして完成したレンチン生姜を、いろんな料理にちょい足しして食べるだけで、高いダイエット効果が期待できます。



乳酸キャベツ
2つ目の楽痩せ食材は「キャベツ」です。


そもそも便秘はダイエットの大敵。

腸の働きが鈍ると代謝が落ち、太りやすくなってしまうためです。また便秘になると、栄養の吸収が悪くなり、肌荒れなど美容にも悪影響が出てきます。

便秘の解消にもってこいなのは言わずもがな乳酸菌が豊富なヨーグルトやチーズなどの食材ですが、ここに大きな落とし穴があります。

乳酸菌には、ヨーグルトなど主に乳製品に含まれる動物性乳酸菌と主に発酵した野菜に含まれる植物性乳酸菌の2種類があります。

ヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌は、胃酸や熱に弱く、生きたまま腸に届かないことが多いんです。一方、植物性乳酸菌は生きたまま腸に届きやすいので、便秘解消&代謝アップには植物性乳酸菌の方が良いとのこと。

で、番組内では、そんな植物性乳酸菌を手軽に摂取する方法として、「乳酸キャベツ」というのをおすすめしていました。これはいわゆるキャベツの漬け物のこと。

植物性乳酸菌とキャベツにもともと豊富な食物繊維のダブル効果で、腸内環境が改善され、代謝がアップしてくれるんだとか。


「乳酸キャベツ」の作り方・レシピは非常に簡単。

まずは、キャベツを4等分にカットし、きれいに洗ったあとに千切りにします。

半分を密閉袋に入れ、塩(小さじ2)をふりかけてから残りのキャベツを加えます。

そのあとに、塩(小さじ2)、砂糖(小さじ1/2)を加えて、馴染ませるようによく揉みます。

続いて、ペットボトルなどで重しをして、常温で3日程度おけば、「乳酸キャベツ」の完成です。

清潔な環境で冷蔵保存すれば、約1か月ほどは保存可能とのこと。


この乳酸キャベツを、ふだんの食事といっしょに食べるようにすれば、ダイエット効果が期待できます。



さいごに
以上、番組内でレクチャーされた「レンチン生姜・乳酸キャベツダイエットのやり方とメカニズム」の簡単なまとめでした。

番組内では、アイドルのSKE・鎌田菜月さんと芸人・ニッチェの近藤さんの2人が、上記のダイエットに2週間挑戦していました。

その結果は驚くべきもので、たった2週間で鎌田さんはお腹周りがマイナス8センチ、近藤さんは体重が2.4kg落ちてお腹周りは10.5センチも細くなっていました。

恐るべし生姜&キャベツのダイエットパワーですね、これは!


最近お腹周りが気になってきたor冬太りを防ぎたいという方は、ぜひ試してみてください♪