テレビを観ている女性
2017年1月16日(月)に、テレビ東京系列で放送された「主治医が見つかる診療所」は、「脳をリセットして痩せやすい体を作る2時間スペシャル」でした。


年末年始はなにかとおいしいものを食べる機会が多かったですよね。

クリスマスに忘年会、お正月に新年会と、年末から年始にかけては途切れることなくおいしいものを食べるシーンが続きます。

で、現在は1月半ば。体は正直で、年末年始の不摂生がたたり、お腹周りに脂肪を蓄えて、ダイエットしなくちゃな~と思われている方、少なくないと思われます。

今回の「主治医が見つかる診療所」では、そんな正月太り・冬太りを効率的&効果的に解消するダイエット法が紹介されていました!


この記事では番組内で紹介された「1日3分瞑想法(マインドフルネス)」について書いています。

こちらは痩せたいけど出不精で、ウォーキングやジョギングなどをしたくないという方におすすめのダイエット法になります。激しい運動が苦手中に向いています。

というのも、こちらのダイエット法は、1日3分座ったままで痩せやすい体を作れるというもの!

歩きに出る必要もジムで鍛える必要もないという手軽さは、ものすごくありがたいですよね♪


以下、番組内でレクチャーされた「1日3分瞑想法(マインドフルネス)」に関する情報を簡単にまとめました。

簡単にできて、かつ継続できる減量法を探している方は、ぜひ参考にしてみてください!

腕組みするドクター
マインドフルネス(瞑想法)
番組内で紹介されたのは、「マインドフルネス」というもの。

これは座禅がルーツの瞑想法になります。

アメリカで座禅の健康効果が研究された結果、瞑想を行うことで脳神経の活動が整い、精神が安定し、不安や怒りなどの感情が上手にコントロールできるようになることがわかりました。

その座禅から宗教色を除き、座禅の健康効果に注目した瞑想法がマインドフルネスになります。


このマインドフルネス、精神を安定させるだけではなく、ダイエット効果があることもわかっているとのこと。

マインドフルネスを行うことで脳がリセットされ、自然と過食などが減り、痩せやすい体になるんだとか。

瞑想によって自律神経が安定すると、胃腸が本来の動きを取り戻し、消化吸収がスムーズに行われるようになり、その結果として痩せやすい体になれるというのがメカニズムです。



やり方・方法
痩せやすい体を作るマインドフルネスのやり方は次のとおり。


お尻の下にクッションを敷き、足はクッションの外に出して楽に組んで座ります。座禅のように組めない方は、あぐらでもOK。背筋をしっかりと伸ばします。

両手は自由な形でOK。ヒザのうえに置きます。これがマインドルフネスの基本姿勢。

ここから瞑想を行っていきますが、重要なのが口ではなく鼻で息をするようにする点。

お腹に息を溜めていくイメージで、鼻でゆっくりと呼吸を行います。鼻から息を吐く際は、吸うときの倍の時間をかけるようにします。

口の呼吸と比べ酸素量が増えるため、血流が良くなり代謝アップが期待できるとのこと。


上記を、1日3分程度行えばOKです。



さいごに
以上、番組内で紹介された「1日3分瞑想法(マインドフルネス)に関する情報の簡単なまとめでした。

痩せやすい体になれるうえに、心の健康も手にれられる。マインドフルネスはまさに一石二鳥のダイエット法ですね~。1日3分でOKというのもありがたい♪

短期的ではなく長期的なダイエットとしては非常に魅力的だと感じました。

興味を惹かれた方は、ぜひ試してみてください!