カメラ
2017年3月22日(水)に、テレビ東京系列で放送された「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」の中で、「写真に写る時に目を大きくする方法・裏技」が紹介されていました。

日常で使える豆知識やライフハックを取り上げている「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」。

今回は「写真写り」にスポットライトを当てていました。


スマホの普及で、ものすごく手軽に高品質の写真が撮れるようになりました。

アップルのiPhoneの最新機種「iPhone7」に至っては、一眼レフカメラにもひけをとらない高品質ぶり。ポケットに入るサイズ感で、簡単に高画質の写真が撮れるのというのは、ひと昔前だと考えられなかったですよね~。進化のスピードがおそろしい(苦笑)。

超お手軽に高画質&ハイクオリティの写真が撮れるので、必然的に写真を撮る機会も増えてきました。写真中心のSNSであるインスタグラムが人気なのも、これを裏付けていますよね。

旅行にいったときだけでなく、日常の中でも記念写真を撮る機会が増えました。今回番組内で紹介された裏技は、そんなときに使えるすばらしいライフハックです!

誰しも、とくに女の子は、写真に写るとき、できるだけかわいく写りたいですよね。写真って残るものですから、できるだけかわいく残りたいというのが乙女心。


そんなときに使えるのが、今回番組内でレクチャーされた「写真に写る時に目を大きくする方法・裏技」です。

カメラで撮られる前に、ちょっとした工夫をするだけで目が大きくなり、かわいく写ることができちゃうんです♪ これは試さない手はありません。

以下、そのやり方・方法を簡単にまとめましたので、ぜひ実践してみてください!

笑う女の子
写真に写る時に目を大きくする方法・裏技
やり方・方法は次のとおり。

写真を撮る直前に、3秒ほど目を閉じます。

で、3秒経ったら目を開け、このタイミングで写真を撮れば、目が大きく写り、かわいらしく写真におさまることができます。



なぜ撮る直前に目を閉じると、目が大きくなるのか。

まぶたを閉じると、目は光を遮断された状態になります。

すると、開けた瞬間に目は少しでも光を取り込もうと、瞳孔を拓き、その結果、瞳が大きく見えるというわけ。


番組内では、実際にふつうに撮った場合と3秒目を閉じてから撮った場合を比較していましたが、結果は一目瞭然で、目を閉じた方が断然かわいく写っていました!

目元の印象が変わるだけで、ぜんぜん違うんですね~♪



さいごに
以上、番組内で紹介された「写真に写る時に目を大きくする方法・裏技」の簡単なまとめでした。

たった3秒目を閉じて開けるだけで目が大きくなり、かわいく写真に写れる使える技!

写真を撮ることが完全に日常のひとつとなった現代だからこそ、非常に役立ってくれそうなテクニックですよね。

ぜひ写真に写る機会があったら試してみてください♪