あさり
2017年4月1日(土)に日本テレビ系列で放送された「世界一受けたい授業」は豪華3時間スペシャルで、「新生活!今日から変われる20のコト!!」をテーマに、4月から始まる新生活を送るうえで役立つ知恵やテクニックを取り上げていました。

今回の「世界一受けたい授業」ではいろんな情報がレクチャーされおり、その中に「貧血」にスポットライトを当てた授業がありました。


日常生活を送る中で、だるさやめまい、動悸を感じる場面はないでしょうか。

もし感じることがあれば、その原因は「貧血」かもしれません。


貧血というのはごうごくありふれた、広く認知された言葉ですが、裏を返せばそれだけ多くの人が貧血になり、その症状を経験しているという証でもあります。

事実、成人女性ではじつに4人に1人の割合で貧血であるというデータが存在します。


とはいえ、たかが貧血と甘く考えている方が多いのが実情ではないでしょうか。ちょっと休めば良くなるくらいに軽くとらえている風潮がありますよね。

しかしそれは間違い。ドイツの研究によると、貧血の人とそうでない人を比較した場合、貧血の人の認知症のリスクが2倍近く増えるという結果が出ています。これは恐ろしいデータですね。


そこで今回番組では、貧血対策に最適な食材を取り上げていました。

以下、その内容を簡単にまとめましたので、健康志向の高い人はぜひ自身の食生活に取り入れてみてください♪

あさりの酒蒸し
貧血対策にはあさり!
貧血の中でも、もっとも多くの人がなるのが「鉄分欠乏性貧血」。

これはその名のとおり、鉄分が不足することで起こる貧血です。


この対策として重要なのが、たんぱく質・食物繊維・炭水化物・ミネラル・ビタミンといった五大栄養素をバランスよく食べること。

とりわけ、鉄分が多く含まれた食べ物を積極的に摂るのが効果的です♪


鉄分の多い食べ物と聞いて、パッと思い浮かぶのはレバーですよね。

もちろんレバーにも鉄分は豊富なんですが、なんとあさり(水煮缶)にはそんなレバーの約7倍以上もの鉄分が含有されているんです!

鉄分を効率よく食事で摂取しようと思ったら、あさりがいいんですね~。


貧血対策の目安ですが、あさり6~7粒を食べれば1日に必要な鉄分の約半分が摂れるとのこと。



さいごに
以上、番組内でレクチャーされた「貧血対策に最適な食材」に関する情報のまとめでした。

鉄分=レバーというイメージがありましたが、身近な食材のあさりにレバー以上の鉄分が含まれていたとは驚きでした。

貧血気味の方は、例えば朝食にあさり入りのお味噌汁なんかを食べるようにすれば良さげですね♪

「私、貧血だな~」と思われている方は、ぜひあさりを食生活に取り入れてみてください!