水を飲む女性
2017年4月19日(水)にNHKで放送された「ガッテン!」のテーマは、「STOP突然死!強い心臓をめざせスペシャル」でした。


今回の「ガッテン!」がスポットライトを当てたのは、「心筋梗塞」。

心筋梗塞とは、血管が詰まることによって引き起こされる病気のひとつで、血管系の病の代表格と言えるものですよね。

血管が詰まることによって、心臓に不具合が生じ、最悪の場合鼓動が止まり、命を落としてしまう危険性も十二分にある怖い病です。

食生活の乱れや運動不足などの要因によって引き起こされる心筋梗塞。やはり年を重ねるごとにそのリスクは高まってくるので、何らかの予防対策をしておくにこしたことはありません。働き盛りのときに急に…というのはあまりにも残念すぎるので。

今回の「ガッテン!」では、心筋梗塞の予防法として「強い心臓・スーパー心臓の作り方」を取り上げていました!

この「強い心臓・スーパー心臓の作り方」、特別難しいものではなく、日常生活に簡単に組み込める簡単なものなんですが、その効果は確かなもので、今現在多くの医療機関でも実際に行われているとのこと♪

強い心臓・スーパー心臓を持っていれば、仮に心筋梗塞になっても、重症化になる確率を下げることができるんだとか。


以下、番組内で紹介された「強い心臓・スーパー心臓の作り方」を簡単にまとめました。

血管系の病気・心筋梗塞での突然死を防ぎたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

聴診器をあてるドクター
心筋梗塞 
心臓というのは、まわりを血管に取り囲まれています。

これらの血管は、心臓自身に血液を送る役割を果たしています。

この血管のおかげで、酸素や栄養分が心臓に届いているんですが、もし血管が血の塊で詰まるようなことがあると、酸素や栄養分が心臓に行き届かなくなり、心臓の細胞がどんどん死んでいきます。これが心筋梗塞。

心筋の細胞が死んでしまうと拍動しなくなり、また死んでしまった細胞は再生しないので、仮に助かったとしても重い後遺症が残ることがあるんです。


しかしスーパー心臓を持っていれば、仮に心筋梗塞になったとしても、重い後遺症が残るという事態から逃れやすくなるとのこと。



スーパー心臓とは
心臓の細胞にあるミトコンドリアは、酸素を食べ、エネルギーを作り出しています。

このミトコンドリアが作るエネルギーで心臓は動くことができます。

心筋梗塞の一歩手前の血管が狭くなって血液が流れにくくなった状態(狭心症)になると、心臓に届く酸素は少なくなります。するとミトコンドリアはエネルギーを作り出せません。結果、心臓は動けず、危険な状態になってしまいます。

この危険な状態になると、今度はスーパーミトコンドリアというのが登場します。このスーパーミトコンドリアはわずかな酸素でもエネルギーを作り出せます。

スーパーミトコンドリアのおかげで、少ない酸素でも心臓を動かし続けることができます。

このスーパーミトコンドリアが働いていてくれれば、仮に心筋梗塞になってもダメージが少なく済む場合があるとのこと。これを「プレコンディショニング現象」といいます。

これができるのがスーパー心臓なんだとか。


プレコンディショニング現象が起こる際は、胸の痛みを伴います。

なので胸の痛みを感じた時点で病院へ行けば、大事にならずに済む確率がぐんとアップしてくれます。



スーパー心臓の作り方
では、どうやったら強い心臓・スーパー心臓を作れるのか。

ポイントは、心臓に軽い負荷をかけてあげること。

意図的に心臓に酸素が必要な状況を作れば、ふつうのミトコンドリアでは対処しきれなくなり、スーパーミトコンドリアが出てきてくれるというわけ。

つまり、軽い負荷で酸素が足りない状況をわざと作れば、心臓はスーパー心臓になってくれるというわけです。


心臓を強くする際の運動の目安は心拍数110くらいのものがベスト。

これは、ニコニコ隣の人と会話ができるくらいのペースでの運動に相当。階段をふつうに上がったくらいの運動量・息が苦しくなる直前くらいの運動とのこと。


番組では心臓を強くする運動として、「1回30分程度、自転車をこぐなどの有酸素運動を週3回行う」や「速歩き」が推奨されていました。



さいごに
以上、番組内で紹介された「強い心臓・スーパー心臓の作り方」の簡単なまとめでした。

日常の中で、軽い負荷を心臓にかけてあげることが大切なんですね~。

一駅分歩いたり、エスカレーター・エレベーターではなく階段をのぼるように心がけたりと、日常の中の動きをちょこっと変えるだけで、簡単に強い心臓になれそう♪

心筋梗塞での突然死を防ぎたい方は、ぜひ実践してみてください!