2017年4月19日(水)に、テレビ東京系列で放送された「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」の中で、「手を洗う時にカバンが肩からずり落ちない方法・裏技」が紹介されていました。

日常で使える豆知識やライフハックを取り上げている「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」。

今回は「手を洗う時にカバンが肩からずり落ちてくることへの対処法」にスポットライトを当てていました。


女性の方の中で、ショルダーバッグを常日頃から使っている方、多いと思われます。

コンパクトで機能性があって便利ですよね。デザインをしっかりと選べば、機能性とオシャレ感を両立できますし。私もバッグはいくつか持ってますが、クラッチバッグとならぶ勢いで、ショルダーはたくさん所有してますね♪


そんなショルダーバッグ、その形状ゆえの悩みというかデメリットがあります。

ショルダーバッグを肩にかけたままトイレなどで手を洗うと、カバンが肩からずり落ちてくるんですよね。すり落ちてきたバッグを直そうにも、両手はふさがっているのでなかなかうまくいかずイライラ…。

出先でトイレに行かないのがベストですが、やはりそういうわけにもいきませんので、このイライラを経験されている方は非常に多いのではないでしょうか。


で、そんな方に朗報! 今回番組内で、「手を洗う時にカバンがずり落ちない方法・裏技」が取り上げられていました。しかも、ハンカチが1枚あればすぐにできる、超お手軽方法♪

以下、その方法・やり方を簡単にまとめましたので、ぜひ使える知識として覚えておいてください。

手を洗う時にカバンが肩からずり落ちない方法・裏技
やり方はとってもシンプル。

ショルダーバッグをかけている側の脇にハンカチを挟みます。

たったこれだけで、手を洗おうと前かがみになってもカバンは肩からずり落ちなくなります!



なぜ脇にハンカチを挟むだけでカバンがずり落ちなくなるのか。

そもそも手を洗うという行為は、どうしても肩が動いてしまいます。肩が動く際の振動で、カバンはずり落ちてしまうんです。

ハンカチを脇に挟むと、自然と脇がしまった状態になります。この状態だと、手を洗っても上腕があまり振動しなくなるので、その結果カバンが落ちにくくなるというわけ。


運動生理学的に見て、非常に理にかなった解決法なんですね~♪



さいごに
以上、番組内で紹介された「手を洗う時にカバンが肩からずり落ちない方法・裏技」の簡単なまとめでした。

この裏技、手を洗ったあとは脇に挟んでいたハンカチですぐに手を拭けるので、非常に効率的♪

どうせ出さなければならないハンカチをうまく活用した賢い方法ですね~。

カバンのずり落ちでイライラしたくない方は、ぜひ今後は上記の裏技を使ってみてください!