アボカド
2017年4月19日(水)に、テレビ東京系列で放送された「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」の中で、「アボカドの変色・黒ずみを防ぐ保存方法」が紹介されていました。

日常で使える豆知識やライフハックを取り上げている「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」。

今回は「アボカドの変色」にスポットライトを当てていました。


若い女性を中心に好まれている野菜のアボカド。

野菜とは思えぬ、にゅるり&とろりとした口あたりが独特でおもしろいですよね♪ それでいて味わいには強いクセがないので、どんな野菜と合わせてもマッチしてくれます。

サラダには欠かせないという方も少なくないのではないでしょうか。最近は回転寿司で海鮮と合わせるのもトレンド見たいですし。個人的にはえびアボカドが大好物です(笑)。

アボカドはスーパーなどで手軽に購入できるので、冷蔵庫の野菜室にストックされている方も多いと思われます。

アボカドの保存法でネックとなるのが、変色・黒ずみですよね。カットしたけれども使い切れなかったアボカドを冷蔵庫で保存しておくというケースは多々あると思われますが、ふつうに保存するとあっという間に黒ずんで見た目が悪くなってしまいますよね。


今回番組内では、そんな厄介なアボカドの変色・黒ずみを防げる方法がレクチャーされていました。

以下、そのやり方・方法を簡単にまとめましたので、ぜひ使える豆知識として頭の隅の方においといてください!

たまねぎ
アボカドの変色・黒ずみを防ぐ保存方法
必要なものは玉ねぎ。


やり方・方法は次のとおり。

容器にカットしたアボカドと玉ねぎの切れ端をいっしょに入れます。

あとはこれを冷蔵庫に入れて保存すればOK。これでアボカドの黒ずみを抑えることができます。



ポイントは、玉ねぎに含まれる「硫化アリル」という成分。

そもそもカットしたアボカドが時間の経過とともに変色してしまうのは、大気中の酸素にふれてしまうためです。いわゆる酸化ですね。

切った玉ねぎといっしょにすると、玉ねぎの断面から出る硫化アリルがアボカドに付着し、酸化を抑えてくれるんです。

番組内では、「アボカドそのまま」と「アボカド+玉ねぎ」の2つを経過観察したところ、そのままのものは2日目の時点で早くも変色し出したのに対し、玉ねぎといっしょのものは5日経ってもほとんど変色は確認できませんでした。効果抜群ですね♪



さいごに
以上、番組内で紹介された「アボカドの変色・黒ずみを防ぐ保存方法」の簡単なまとめでした。

見た目もおいしさを構成する大切な要素。変色したアボカドって、当たり前ですがおいしそうじゃないですからね~。なので、この保存方法・裏技はかなり活躍してくれそうな予感がします!

よくアボカドを買うという方は、ぜひ上記の保存方法・裏技を試してみてください♪