メロンパン
2017年5月3日(水)に、テレビ東京系列で放送された「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」の中で、「メロンパンがおいしくなる温め直しの方法」と「正しい保存方法」が紹介されていました。

日常で使える豆知識やライフハックを取り上げている「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」。

今回は「メロンパン」にスポットライトを当てていました。


数ある菓子パンの中でもとりわけ高い人気を誇っているメロンパン♪

パン生地のうえにビスケットをのせているという仕様で、あの独特の形状の印象深さとともに、じんわりと溶け出してくる甘さとカリッとした食感のコンビネーションがたまりませんよね~。

どこのパン屋さんにもかならずありますし、コンビニでもかならず取り扱われています。

そんな老若男女問わず好まれているメロンパン。多くの人がお菓子や朝ごはんに買い求めていると思われます。

で、多くの人が食べる前に温め直していると思いますが、じつはこの温める工程でちょっとした工夫をすると、メロンパンをおいしくすることができちゃうんです!

番組内ではそのやり方・方法が紹介されていました。メロンパン好きの方は、知っておいて損のない情報です。


以下、番組内でレクチャーされた「メロンパンがおいしくなる温め直しの方法」を簡単にまとめました。また番組内ではメロンパンの正しい保存方法も紹介されていたので、こちらも併せてまとめました。

メロンパン好きの方は、ぜひ参考&実践してみてください♪

キッチン
おいしくなる温め直しの方法
やり方・方法は次のとおり。

まずはトースターでメロンパンを温めます。ここまではいつもどおり。

で、温め終えたら、それにすぐに噛り付くのではなく、1分間冷まします。

温め直してから1分冷ますだけで、メロンパンは格段においしくなってくれるとのこと!



メロンパンは、トースターで温め直した場合、表面が冷めて初めてカリカリ食感が生まれてくれるんです。

メロンパンの最大の特徴である表面のカリカリ感は、温める過程で一度なくなってしまうんですが、1分程度冷ますことで表面がふたたび固まり、カリカリ感が復活してくれるとのこと。

メロンパンは、外はカリカリしていて、それでいて中はふっくらしていて温かいものが理想的。上記の温め直し方だと、この理想的な状態にすることができるんです♪



正しい保存方法
食べきれなかったメロンパンを保存する人も少なくないと思われます。

メロンパンのおいしさを損なうことなく保存するには、「冷凍保存」がベストです。


メロンパンの保存を考えるうえでもっとも大切なのは、いかに水分をキープするか。

常温保存すると、内側の水分が表面に移ってしまい、せっかくのカリカリ食感がなくなってしまうんだとか。

また冷蔵庫で保存すると、乾燥してしまい、水分がなくなって固くなってしまうとのこと。

冷凍保存だと、水分を失わず、それでいて表面に移ることなく、お店で買った状態をキープできます!

ちなみ解凍は、電子レンジで数十秒温めてから、トースターで数分加熱するのがベスト。



さいごに
以上、番組内で紹介された「メロンパンがおいしくなる温め直しの方法」と「正しい保存方法」の簡単なまとめでした。

温め直したらすぐに食べちゃいたくなるメロンパンですが、食欲をグッとおさえて1分間待つのが重要なんですね~。1分でおいしくなってくれるなら、試さない手はないですね♪

おいしさを閉じ込めつつ保存できる方法も非常に参考になりました。

メロンパンをよく買う方は、ぜひ上記の方法を試してみてください!