帽子
2017年7月19日(水)に、テレビ東京系列で放送された「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」の中で、「型崩れしない帽子の洗い方」が紹介されていました。

日常で使える豆知識やライフハックを取り上げている「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」。

今回は「帽子の洗い方」にスポットライトを当てていました。


夏の強烈な日差し・紫外線をガードするアイテムとして活躍してくれるのが、麦わら帽子をはじめとした帽子類。

今の時期、熱中症対策には欠かせないですよね。外出する際、かならず被っている方、非常に多いと思われます。とくに小さな子どもにとっては必需品ですよね。

しかしながら、夏は非常に暑いので頭も汗をかきまくり。帽子はどんどんその汗を吸い込み、汗染みなどの汚れを作ってしまいます。

衛生上、定期的に帽子は洗うべきなんでしょうが、型崩れなどの理由から、なかなか家庭で洗うのは敷居が高いというのが実情ではないでしょうか。


今回の「ソレダメ!」では、「型崩れしない帽子の洗い方」が取り上げられていました。

どこの家にもある2つのアイテムを使えば、型崩れの心配なく帽子を洗うことができます!

以下、そのやり方・方法を簡単にまとめましたので、ぜひ試してみてください♪

キッチン
型崩れしない帽子の洗い方
この洗い方には、①料理で水きりの際に使うザル、②ハンドソープ(泡タイプ)、の2つのアイテムを使用します。


洗い方は次のとおり。

まずは、帽子のくぼみ(頭を入れるところ)に、プラスチック製のザルをスポッとはめます。

これは、洗ってる最中に帽子が型崩れするのを防ぐ役割を果たしてくれます。


次いで、ハンドソープを帽子につけ、しっかりと洗っていきます。

帽子に付着する汚れは、汗や皮脂によるもの。ハンドソープはそれらを落とすのに優れているので、効果的に汚れを落とすことができます。

重要なのは、泡タイプのハンドソープを使うこと。泡タイプなら、洗剤が帽子の繊維に入らないため、帽子を痛めることなく洗うことができ、またすすぎもとっても楽なんです♪


ハンドソープでしっかりと洗ったら、水ですすぎ、天日干しします。

乾燥させる際も、ザルをつけたままにしておけば、型崩れを防げます。



さいごに
以上、番組内で紹介された「型崩れしない帽子の洗い方」の簡単なまとめでした。

料理を作るのに使うザルを、まさか帽子を洗うのに使うとは! その発想はまったくなかったので驚きでしたが、使用方法を聞くと、なるほどな~という感じですよね。

ちなみにこの洗い方、キャップやハットなどさまざまなタイプの帽子で有効とのこと。

帽子の汚れ過ぎは臭いの原因にもなります。ぜひ上記の方法で定期的に洗うようにしましょう♪