ハーゲンダッツ(Haagen-Dazs)の、「キャラメルヴァニーユ」を食べました♪
1
●カロリー267kcal、たんぱく質3.8g、脂質16.4g、炭水化物26.1g、食塩相当量0.1g
●価格:263円(税込)
●製造者:ハーゲンダッツ ジャパン株式会社(Haagen-Dazs)


今回レビューするのは、ハーゲンダッツの「キャラメルヴァニーユ」です。

今月の8日(火)に販売が始まったばかりの新作アイスクリームになります。


現在夏真っただ中ということで、いろんな企業が矢継ぎ早に新商品アイスを発表しています。

もちろん高級アイスの代名詞であるハーゲンダッツも、いくつもこの夏向けの商品を世に送り出しています。

この記事でレビューしている「キャラメルヴァニーユ」も、そんな新作のひとつ(☆゚∀゚)

本商品はハーゲンダッツのミニカップシリーズの新しいフレーバーになります!

2
でもぶっちゃけ、「キャラメルヴァニーユ」と聞いても、どんなフレーバーかピンときませんよね。

ヴァニーユとは、フランス語で「バニラ」のこと。

すなわち、本商品はキャラメルとバニラが味の中核になっているフレーバーということです(・∀・)

バニラといえばいいところを、あえてオシャレに「ヴァニーユ」っていっちゃうところが、じつにハーゲンダッツらしいですね(゚∀゚)


味の感想を書いていく前に、まずはパッケージデザインの確認を。

基本的な仕様はレギュラーのそれを同じですね。

ワインレッドの淵のフタが印象的な、いつものやつですが、プリントされている柄が異なっていますね。

上の写真のとおり、キャラメルとバニラの花のイメージ写真があしらわれています。

ヴァニーユとは何ぞやと思っても、この絵柄を見れば一発でわかりますね!

3
外ブタを外し、内フィルムをめくれば、商品の登場です。


本商品のベースは、キャラメルアイスクリーム。

上の写真のとおり、キャラメルアイスクリームは、淡くてやさしいキャラメル色をしています。

で、さらにこのアイスの内部にはキャラメルソースがブレンドされています。

ポイントは、キャラメルアイスにもキャラメルソースにも、バニラがブレンドされている点。これがフレーバー名が「バニラヴァニーユ」である由縁(´∀`)


キャラメルアイスには、香り・コクが異なる2種類のバニラが使われているというこだわりよう('▽'*)

頭でイメージしても、「おいしくない」という発想が出てこないので、かなり期待がもてそう♪


ちなみに本商品の内容量は110mlで、種類別は「アイスクリーム」にカテゴライズされています。

4
さっそくひと口食べてみますと、めちゃくちゃおいしい!

予想どおり、キャラメルとバニラの組み合わせがハズレなわけがなですね~(゚∀゚)


キャラメルの味がどうかとかバニラの味がどうかとか、そういう感じではなく、2つが混ざり合って極めてまとまり感のある「おいしい」を作り上げている感じ。

バニラの風味はどちらかというと抑えめで上品な感じ。この品の良いバニラが、キャラメルのコク深い甘さを2倍にも3倍にも引き立てている印象。

本商品に使われているキャラメルはビター感が希薄で、キャラメルの甘さ部分にフィーチャーしているような味わい。甘いんですが、くどさはありません♪


バニラとキャラメルの相性の良さを改めて証明しているような商品ですね、これは(☆゚∀゚)

食べたあと、口の中に残る余韻も心地よく、すごくおいしかったです!


口あたり・口どけも良好で、かなり完成度の高いアイスクリームでした(′∀`)

5
総合的に見て、とてもおいしいアイスクリームでした。

キャラメルの良さ、バニラの良さが高次元で組み合わっているような、食べながらクオリティの高さを感じられる味わいでしたね~♪

食べ終わって、「さすがハーゲンダッツ…」と唸らずにはいられませんでした(笑)。


ハーゲンダッツの「キャラメルヴァニーユ」は期間限定商品です。

スイーツ感あふれる、万人ウケする味わいだと思いますので、ぜひ一度食べてみてください(^_^)

ごちそうさまでした!


※上記の評価・感想は、全て個人的な主観に基くものです。ご参考程度にしてくださいませ。