高知アイスの、「ミレービスケットアイス」を食べました♪
1
●カロリー147.3kcal、たんぱく質3.3g、脂質6.7g、炭水化物18.5g、食塩相当量0.1g
●価格:189円(税込)
●製造者:有限会社高知アイス


今回レビューするのは、高知アイスの「ミレービスケットアイス」です。


高知県民なら知らない人はいないと言われるほど、高知では知名度抜群のお菓子に、「ミレービスケット」があります。

小さめのビスケットで、適度に塩気が効いた絶妙の甘さとサクサク食感がウリ。

高知を代表するお菓子としてマスメディアに取り上げられることも多々あります!

現在イオンなど大手のショッピングモールなどでは販売されており、私もたまに買って食べてますが、結構クセになる味でおいしいんですよね~(´∀`*)

ミレービスケット、たぶんじわりじわりと人気を高め、販路も開拓していってるんじゃないでしょうか。

2
今回この記事でレビューする「ミレービスケットアイス」は、そんな高知のご当地お菓子の代名詞・ミレービスケットを使って作られたアイスになります。

これ、ミレービスケットを大胆に使ってるアイスなんですが、その大胆さが話題を呼び、SNSなどで話題になっています(^_^) 私もSNS経由で知りました。


まずはパッケージから確認していきます。

パッケージに使われている色は、大きく分けて赤と青の2色。どちらも濃く深みのある色味をしています。

お菓子のミレービスケットもまったく同じ配色なので、ミレービスケット好きの人にとっては既視感がすごいのではないでしょうか。

蓋の部分には、ミレーちゃんというキャラクターのほか、「Made in 土佐」や「まじめなおかし」という文言が確認できます。土佐産なんですね~♪

3
外ブタを外し、内フィルムを剥がすと、商品の登場。

上の写真のとおり、かなり大胆なビジュアル(笑)。ビスケットが2枚、そのままアイスにぶちこまれています(*゚▽゚*)


詳しく仕様を見ていきましょう。

ベースになっているのは、「純白」と形容してもいいくらい真っ白なアイス。

そのアイスに、ミレービスケット2枚が埋もれています。正直なところ、見た目から感じられるオシャレ感はゼロですね(笑)。

ちなみに上の写真では伝わりませんが、アイスの中には細かくクラッシュされたミレービスケットが混ぜ込まれています(・∀・)


本商品の内容量は100mlで、種類別は「アイスミルク」にカテゴライズされています。

4
さっそくスプーンでひと口分すくい上げて食べてみますと、非常においしい!

すっくりした甘さが心地いいですね~(☆゚∀゚)


味わいの中心は、ミルキーなアイス部分。

ミルク感をしっかり感じられるものの、あと味はとってもすっきりしています♪

「さっぱりした甘さ」という表現がしっくりくる感じ('▽'*) まったくもってしつこさのないミルキーな甘さはクセになるくらいおいしい(´∀`*)


で、そこにミレービスケットの味わい・食感が絡んできます。

市販されているミレービスケットはサクサク食感がウリですが、本商品のビスケットはアイスの水分を吸っているため、しんなりとしていますね。

もっと固さがあってもいい気もしますが、アイスとの兼ね合いを考えたら、逆にこれくらいがいいかもとも思えます(^_^)

食感のなかなかいいアクセントになっていました!

5
総合的に見て、非常においしいアイスでした。

ミレービスケットが主役というよりも、個人的にはアイス部分のおいしさが印象に残りましたね♪

それぐらいアイス部分のクオリティは高かったです('▽'*) もっとビスケットの量が多ければとも感じましたが、お値段との関係で難しいんでしょうね…(汗)。

興味を引かれた方は、ぜひ一度食べてみてください♪


ちなみにこの「ミレービスケット」は、通販(アマゾンなど)か、カルディコーヒーファームで購入できます。

コンビニやスーパーでは販売されていないので注意してください。

ごちそうさまでした!


※上記の評価・感想は、全て個人的な主観に基くものです。ご参考程度にしてくださいませ。