考える
2017年9月2日(土)に日本テレビ系列で放送された「世界一受けたい授業」で、「お尻力を上げる方法」を取り上げていた授業がありました。

今回の「世界一受けたい授業」がスポットライトを当てたのは、「お尻力(お尻の筋肉)」。


ふだん生活する中で、あまりお尻の筋肉を気にかけることはありませんよね。

健康を考えるうえでは、お腹周りについた脂肪などが優先され、お尻は後回しにされがちな印象があります。

しかしながら、お尻の筋肉は健康寿命(第三者の介助なく自立した生活が送れる期間のこと)を考えるえでは外せない大切な要素なんだとか。

というのも、お尻の筋肉が衰えてしまうと、寝たきりになるリスクが高まってしまうとのこと。寝たきりと聞くと、足腰の筋肉が関係しているイメージが強いですが、それだけでなくお尻も深く関係しているんですね。

つまり、いつまでも元気に生活したい方にとって、お尻の筋肉が衰えないように対処することは極めて重要ということ。


今回の「世界一受けたい授業」では、お尻力を高める(お尻の筋肉を鍛える)方法として、イスを使った簡単運動が紹介されていました。

以下、番組内でレクチャーされた「お尻力を高める/お尻の筋肉を鍛える方法」を簡単にまとめましたので、ぜひ参考&実践してみてください♪

笑う女の子
お尻の筋肉の重要性
お尻にある「大臀筋」という筋肉は、単一の筋肉としては人体の中で最大なんです。

大臀筋は、歩いたり立ち上がったりという人間の基本的な生活に必要不可欠な筋肉。


この大事な筋肉が、現代の快適な暮らしが原因で衰えている傾向にあります。

ふだんからお尻を鍛えていないと次第に衰えていき、お尻がたるんでしまったり、下半身が太っているように見えるだけでなく、最悪の場合、自分の体を支えきれなくなり、要介護や寝たきりになる危険性もあるんです。



注意すべきなのが、お尻の筋肉は非常に老化が早いということ。

若いときはプリッと桃のような形をしていても、衰えてくると垂れ下がり、あっという間にピーマンのような形になってしまいます。

20代のうちから油断せずに、お尻の筋肉を鍛えるトレーニングをしていくことが大切。

また日本人はそもそも骨格的に見て、お尻の筋肉が発達しにくいので、意識してトレーニングをする必要性があるとのこと。



ハイヒールに注意!
とくに女性の方に要注意なのが、「ハイヒール」です。

ハイヒールのようなかかとの高い靴を履くと、一見お尻がグッとあがり、シェイプアップしたように見えますが、じつは反対にお尻力を弱めているんです。

確かにハイヒールは立っているときは前傾してお尻がきれいに見えるんですが、歩く際は歩きにくいのでどうしても後傾してしまいます。

ハイヒールを履いて歩くと、骨盤が後ろに傾き、知らぬ間にお尻の筋肉を弱めてしまっているとのこと。



お尻の筋肉を鍛える方法
番組では、お尻の筋肉を鍛える方法を2つ取り上げていました。


◆イスを使ったスクワット(イスクワット)
まず1つ目が、「イスを使ったスクワット(イスクワット)」です。

やり方・方法は次のとおり。

まずイスに腰かけます。

次いで、手を胸の前で交差させて置き、腕の反動をつけずに立ち上がります。

またイスに座り、ふたたび同じように立ち上がります。これを繰り返します。

以上がイスクワットになります。


じつはこれ、お尻の筋肉を鍛えるうえでは理想的なスクワットなんだとか。

ポイントは、イスに座る際にお尻をめいっぱい突き出すこと。


上記のやり方で正しいフォームを体になじませたら、今度はイスに座らず触れるぐらいで立ち上がるようにしましょう。

1日10回を2セット。1日おきにやればOKとのこと。



◆リュックサックを使う
2つ目が、「リュックサックを使う」です。

これは、読んで字のごとく、ふだんからリュックサックを使うようにするという方法。

片側でカバンを持って歩くと、腕を振ることができないので、しっかり歩くことができません。

しかしリュックサックなら、歩く際に腕を大きく振れ、足に力が加わり、大股で歩くことができるので、自然とお尻を鍛えられるとのこと。



さいごに
以上、番組内でレクチャーされた「お尻力を高める/お尻の筋肉を鍛える方法」の簡単なまとめでした。

お尻の筋肉が、健康に深く関わっているのがよくわかりましたね。しかも日ごろから意識して鍛えていないとすぐに衰えてしまうとは恐ろしい…。

今回紹介されたお尻の筋肉を鍛える方法は、手軽に取り組めるのでいいですよね!

要介護や寝たきりになるのを避けたい方は、しっかりとお尻の筋肉を鍛えていきましょう♪