笑う女の子
2017年9月12日(火)にTBSテレビ系列で放送された「この差って何ですか?」では、さまざまな興味深い世の中の差が取り上げられていました。

その中に、「朝起きて顔がむくんでいる時とむくんでいない時の差」を取り上げているコーナーがありました。


顔のむくみは、いつもかわいく&美しくいたい女性にとって大敵ですよね。

顔がむくんでいると、顔がパンパンで太った印象を与えてしまいますし、二重の人は一重になる場合もあります。

自分をよりかわいく&美しくみせるためには、絶対に避けてとおりたいむくみ。

しかしながら、どんなに注意していても朝起きると顔がむくんでたということ、ありますよね。


今回の「この差って何ですか?」では、「朝起きて顔がむくんでいる時とむくんでいない時の差」に着目し、この中で、むくみになる原因を導き出していました。

よく顔のむくみの原因と言われるお酒は、じつは直接的な原因ではないんだとか。

また番組では、仮に朝起きて顔むくんでいても、簡単にそのむくみを解消できる「笑顔体操」というのも併せて取り上げていました。

以下、これらの内容を簡単にまとめましたので、参考&実践してみてください!

カルテを書くドクター
そもそもむくみとは
そもそもむくみとは何か。

むくみとは、皮膚の下の脂肪に水が溜まっている状態を指します。

人間は、皮膚と筋肉の間に皮下脂肪という層があり、ここに一番水が溜まりやすいんです。

皮下脂肪に水が多く溜まることによって、膨らみ、むくみという状態になります。

とくに女性の場合は、男性に比べて皮下脂肪が多いので、むくみやすい傾向にあります。



朝起きて顔がむくんでいる時とむくんでいない時の差
この差が生まれる背景には、大きく分けて2つの理由があります。


◆寝る時の姿勢
まず1つ目の理由が、寝る時の姿勢。

寝る時に、仰向けかうつ伏せかで、むくみのなりやすさは変わってきます。

ずばりうつ伏せで寝ている方が、むくみやすいんです。

そもそもむくむとは、寝ている間に下半身の水分が顔に移動することで起こります。

うつ伏せで寝ていると、より顔に水分が集まりやすくなり、結果的にむくむ確率が上がるとのこと。

なので、むくまないためには、仰向けで寝るのが良いんだとか。



◆塩分
続いて2つ目の理由が、前日の夜に食べたもの。

ずばり前日の夜に塩分を多く摂ると、朝に顔がむくみやすくなります。

塩分に含まれるナトリウムには、体に水が溜まりやすくなる性質があるため、塩分を過剰に摂取するとむくみやすくなるとのこと。

よくお酒を飲むとむくみやすいと聞きますが、これは直接的な原因ではないんだとか。

アルコールには利尿作用があるので、純粋にアルコールだけを飲めば、脱水になりやすくなるとのこと。むくみとは真逆ですよね。

アルコールを飲むとむくむ場合は、おつまみに原因があります。おつまみというのは大抵塩っ辛いですよね。アルコールを飲む際に同時に食べている塩分たっぷりのおつまみが、むくみの原因になっていたんです。



笑顔体操
番組では、顔がむくんだ時の解消法も併せて紹介されていました。

その解消法とは「笑顔体操」。


やり方は非常に簡単。

鏡の前に立ち、自分の顔を見ます。

自分の顔を見たまま、無表情と笑顔を交互に10回くらい繰り返します。

以上が笑顔体操のやり方になります。



ポイントは顔の筋肉を動かすこと。

顔の筋肉を動かすことで、血流がよくなり、むくみがとれやすくなるとのこと。

笑顔体操は、効率よく顔の筋肉を動かせるので、むくみの解消にもってこいなんだとか♪



さいごに
以上、番組内で紹介された「朝起きて顔がむくんでいる時とむくんでいない時の差(顔のむくみの解消法)」の簡単なまとめでした。

お酒が顔のむくみの直接の原因ではないとは驚きでした。おつまみ、確かに塩辛いものをチョイスしちゃってますよね(苦笑)。

でも笑顔体操のやり方を覚えておけば、朝顔がむくんでても怖くないですね♪ もちろんならないに越したことはないですが(笑)。

顔がむくみやすい方は、ぜひ上記の情報を参考にしてみてください!