ジャム
2017年11月29日(水)にNHKで放送された「ガッテン!」のテーマは、「あのジャムが大進化!秋の恵みフル活用術スペシャル」でした。


今回の「ガッテン!」がスポットライトを当てたのは、「ジャムのレシピ・作り方」。

朝食に焼きたてのトーストを食べている方、非常に多いと思われます。

そんな焼きたてのトーストにぴったりなのがジャム。果物から作られたジャムは単純においしいうえに、果物に含まれるビタミンや食物繊維も摂れます♪

今回の「ガッテン!」は、そんな身近な食べ物のジャムに着目。

ひとり暮らしの方だと食べきれずに冷蔵庫の奥の方で放置しているジャムがあるのではないでしょうか。番組では、そんな余らしてしまったジャムを激ウマにする裏技レシピを取り上げていました。

またそのほかにも、たった3分で自家製のジャムを作ってしまうという驚愕のレシピも併せて紹介されており、まさにジャムの新世界を切り開くような内容となっていました!


以下、番組内でレクチャーされた「ジャムのレシピ・作り方」を簡単にまとめました。

ジャムが余っている方はぜひ試してみてください♪

チョコを作る女の子
絶品ジャムトースト
こちらは、料理家・栗原はるみさん直伝のおすすめジャムレシピになります。

なかなか使い切れずに冷蔵庫の奥の方で眠っているジャムを利用できるレシピ!


以下、栗原はるみさんがレクチャーしてくれた「絶品ジャムトースト」のレシピ・作り方になります。

やわらかくしたバターとジャムを合わせ、よく練ります(混ぜます)。

次いで、できあがったものを焼きあがったトーストにぬったら完成!


いっしょに合わせるのがポイント。

ジャムがバターをコーティングし、脂っこさが減って、それによりにおいの強さ・甘いにおい・味の濃さ・なめらかさがアップし、よりおいしく感じられるようになるとのこと♪

これは簡単にできるので、ぜひとも試してみたいですよね~。



3分で作る手作りジャムレシピ
こちらは、時間のかかる手作りジャムが、たった3分で作れちゃうという驚きのレシピ!

超時短で作るジャムにもかかわらず、その味わいは一級品なんだとか♪


以下、そのレシピ・作り方を簡単にまとめました。

まずは果物を冷凍します。冷凍することで、果物の細胞壁が壊れ、ジャムの粘り気となるペクチンが溶け出しやすくなり、加熱時間を短縮できるとのこと。

買ってきた果物を凍らせてもいいですし、コンビニなどで売られている冷凍フルーツを使ってもOK。

番組ではいちごを使っていました。


レンジなどで解凍したいちご(200g)を、フライパンで3分間加熱します(強火)。つぶしながら煮詰めていきます。

とろみが出てきたら火を止め、砂糖を(20~30g)入れます。砂糖の量はお好みでOKとのこと。

あとは全体を混ぜたら手作りジャムの完成♪


上記の作り方だと、いちごの酸味が残り、非常においしいジャムになるんだとか。


ちなみに、果物を冷凍する手間を省きたい方は、すりおろすといいんだとか。

すりおろすことでも、果物の細胞壁は壊せるとのこと。


完成したジャムは、冷蔵庫保存なら2週間もちます。冷凍すれば、長期保存も可能♪



さいごに
以上、番組内でレクチャーされた「ジャムのレシピ・作り方」の簡単なまとめでした。

衝撃だったのは、たった3分でジャムが作れてしまうこと!

手間暇がかかるイメージの強いジャム作りがたった3分でできるなら試したくなりますよね~。もちろん栗原はるみさんの絶品ジャムトーストも♪

ちなみにお醤油にイチゴジャムを入れたものでお刺身を食べるのもおすすめなんだとか。これもやってみたい(笑)。

おいしくジャムをいただきたい方は、ぜひ試してみてください!