甘酒
2018年4月17日(火)にTBSテレビ系列で放送された「この差って何ですか?」では、さまざまな興味深い世の中の差が取り上げられていました。

その中に、「米麹甘酒と酒粕甘酒の健康効果の差」を取り上げているコーナーがありました。


「飲む点滴」と言われるくらい、たくさんの栄養が詰まっている甘酒。

栄養価が高く、近年さまざまな健康効果が明らかになるとともに、それがメディアで取り上げられることも増え、現在実際に毎日飲んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

甘酒はそもそも日本の古来からある伝統的な飲み物のひとつ。そういったものが現代で再開拓されるというのはなんとなくうれしいですね~。


そんな人気の甘酒ですが、甘酒には米麹から作られたものと酒粕から作られたものが存在します。

米麹からできているか、酒粕からできているかの違いなんですが、この違いがポイント。

じつはこの2種類の甘酒は製造工程が違うだけでなく、栄養成分&健康効果にも違いが生じているんです。

今回の「この差って何ですか?」では、疲労回復・ダイエット・睡眠改善・肌荒れ対策という4つの健康効果をより得られるのは米麹の甘酒と酒粕の甘酒どちらなのか、を解説していました。

以下、番組内でレクチャーされた「米麹甘酒と酒粕甘酒の健康効果の差」を簡単にまとめましたので、甘酒を飲んで健康になりたい方は、ぜひ参考にしてみてください♪

腕組みするドクター

疲労回復

より疲労回復に効果的なのは、米麹の甘酒です。

ポイントは、甘味成分の違いになります。

酒粕の甘酒の甘味成分が砂糖なのに対して、米麹の甘酒の甘味成分はブドウ糖なんです。

ブドウ糖は分解できない糖なので、脳でそのまま使う形になっており、疲労回復の即効性があると考えられています。

たとえば、ブドウ糖の点滴をすると、血液中にブドウ糖が増え、そのブドウ糖が脳ですぐに使われることによって、瞬間的に疲労が回復します。原理的にはこれと同じ。

なので、疲れを感じてそれを吹っ飛ばしたいときには、米麹の甘酒を飲むようにしましょう!



ダイエット

よりダイエットに効果的なのは、酒粕の甘酒です。

酒粕の甘酒には、「レジスタントプロテイン」と言われるたんぱく質が多く含まれています。

レジスタントプロテインは、体内に入ると油と一緒になります。一緒になった油は吸収されずに体外へ出されるので、太りにくくなると考えられています。

すなわちレジスタントプロテインを含む酒粕の甘酒は、油の排出能力が高く、ダイエットに効果的とのこと。

またカロリーという点から見ても、米麹の甘酒より酒粕の甘酒の方が抑えられているとのこと。



睡眠改善

より睡眠改善に効果的なのは、酒粕の甘酒です。

最近の研究で、眠気を誘う脳の物質として「アデノシン」というものに注目が集まっています。

このアデノシンの濃度が脳の中で高まってくると、眠気が来て良い睡眠に入れると考えられています。

酒粕と米麹、どちらの甘酒にもアデノシンの作用を強める働きはあるんですが、その働きがより強いのは酒粕の方なので、睡眠改善には酒粕の甘酒が良いというわけ。

寝つきを良くしたければ、寝る前にコップ一杯(200cc)ほどの酒粕の甘酒を飲むようにするとOKとのこと♪



肌荒れ対策

より肌荒れ対策に効果的なのは、米麹の甘酒です。

米麹の中には、「エルゴチオネイン」という美容に良い成分が入っています。

エルゴチオネインには、ビタミンCよりも強力な抗酸化作用があり、肌の老化を抑制する効果があるとされています。

しかもエルゴチオネインには紫外線に強くなる効果(皮膚が紫外線を受けても炎症を起こしづらくなる)も期待できるとのこと。

お肌の健康には、エルゴチオネインを含む米麹の甘酒を飲むようにしましょう!



さいごに

以上、番組内でレクチャーされた「米麹甘酒と酒粕甘酒の健康効果の差」の簡単なまとめでした。

甘酒ならなんでもOKというわけではなく、米麹由来と酒粕由来、それぞれの甘酒の栄養成分をしっかりと把握し、自分が欲しい健康効果をもつ方を適切にチョイスすることが重要なんですね♪

健康な体作りのために甘酒ライフを始めようと思われている方は、ぜひ上記の情報を参考にしてみてください!