骨
2018年4月24日(火)にテレビ朝日系列で放送された「名医とつながる!たけしの家庭の医学」は「肩こり新原因&毛細血管機能アップ栄養素&骨スカスカ物質スペシャル」でした。

「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」をリニューアルする形で始まった「名医とつながる!たけしの家庭の医学」。毎回いろんな健康情報を紹介してくれています。

今回番組が着目したのは、「肩こり解消法」と「心臓を元気にする方法」と「骨を丈夫にする方法」の3つ。 この記事では、番組内でレクチャーされていた「骨を丈夫にする方法」に関する情報をまとめています。


骨の中がスカスカになってしまう「骨粗しょう症」。

骨がスカスカな状態で転倒すると、骨折のリスクが高まります。高齢になっての転倒・骨折は、そのまま寝たきり状態につながる可能性が高く、健康寿命を縮める原因のひとつとなっています。

なので、常に骨の健康を心がけ、骨密度を高く保つことが非常に大切。

皆さんの中にも、骨の健康を意識して骨を丈夫にする栄養素を摂っている方も少なくないと思われます。しかし、こういった栄養素をしっかり摂っていても、体内には骨をスカスカにする物質があり、これがたくさん分泌されてしまうと、骨はもろくなってしまうんだとか。


今回番組では、自宅で簡単にできる「骨密度アップ体操のやり方」が紹介されていました。

以下、それらの情報を簡単にまとめましたので、ぜひ参考&実践してみてください♪

指を指すドクター

骨がスカスカになる新原因

骨がスカスカになる最大の原因は「骨粗しょう症」。

骨粗しょう症の方の骨の密度は低く、ちょっと転倒しただけで簡単に折れてしまいます。

こういった事態を未然に防ぐには、骨密度を低下させないことがもっとも大切。

そのため、骨に良いと言われているカルシウムを摂っている方も多いと思われます。

しかし、骨を丈夫にする栄養素をしっかり摂っていても、骨がスカスカになってしまう人がいるということが、近年の研究で判ったんだとか。


じつはカルシウムを摂っていても、骨が作れなくなる「スクレロスチン」という物質が体内に増えると、骨粗しょう症になりやすくなったり、あるいは骨粗しょう症が進んでくる可能性があるんです。

このスクレロスチンが多く分泌されてしまうと、どれだけ生活習慣に気をつけても骨密度はどんどん低下していってしまうとのこと。



骨への衝撃が大きい運動

スクレロスチンの分泌量を決めるのは、ずばり「運動習慣」。

ただ単に運動すればいいというわけではなく、運動の内容によって分泌を抑えられる場合と抑えられない場合に分けられるとのこと。


そもそも骨は、壊す・作るを繰り返して新陳代謝をしています。3~5年で全身の骨すべてが入れ替わると言われています。スクレロスチンはその新陳代謝の中で、骨を作るなという命令を骨に出す物質。

そのため、過剰に分泌されてしまうと、骨を作る力が弱まり、破壊ばかりが進んでしまうと考えられています。その分泌量に大きく関係しているのが「運動」。

スクレロスチンの分泌量を減らすには、骨への衝撃が大きい運動をするのがいいとのこと。足が地面に着く瞬間には、衝撃が主に股関節に伝わるので、早歩きやジョギングなどが有効とのこと。



骨密度アップ体操のやり方

とはいえ、毎日ジョギングを行うのは億劫ですよね。

今回番組では、ジョギングなど激しい運動をしなくても、それと同等の効果が期待できる「骨密度アップ体操」というのが紹介されていました。

やり方・方法は次のとおり。


家の中のできるだけ硬い床に立ちます。

次いで、かかとを上げ、そのままストンとかかとから落ちる。たったこれだけ。

かかとが地面に着地したときに大きな衝撃が骨にかかっており、スクレロスチンの分泌抑制効果が期待できるとのこと。

30回を1セットとし、1日に3セットするのがおすすめとのことです。



さいごに

以上、番組内でレクチャーされた「骨密度アップ体操のやり方」の簡単なまとめでした。

骨の丈夫さは、健康寿命に大きく関わってくる重要な要素。

カルシウムさえしっかり摂っていれば大丈夫というわけではないというのはなかなかの衝撃でしたね。

骨に大きな衝撃を与えることが大切だったとは。

骨の丈夫さに不安を覚えている方は、ぜひ上記の「骨密度アップ体操」を実践してみてください!