お弁当
2018年4月25日(水)に、テレビ東京系列で放送された「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」の中で、「ポリ容器の臭いを消す方法」が紹介されていました。

日常で使える豆知識やライフハックを取り上げている「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」。今回は「ポリ容器のしつこい臭い」にスポットライトを当てていました。


たいてい料理って、その日に食べる分だけを作るのではなく、次の日やその次の日に食べる分も含めて少し多めに作るのが常ですよね。

せっかく作るんだから、そのときにちょっと多めに作っておかずのストックとして保存しておく方が賢いのは明らか。

で、そんなちょっと多めに作ったおかずや、残ってしまった料理を保存する際に活躍してくれるのがポリ容器。

固形物からカレーなど流動性のあるものまでまとめて保存できる優れもののポリ容器ですが、難点がひとつありますよね。それはずばり、使用したあとの臭い!

ポリ容器を一度使ったことのある方ならわかると思いますが、ポリ容器に付着した臭いって本当にガンコでしつこいんですよね。入れたものにもよりますが、たとえばキムチとかじゃ軽く洗ったぐらいじゃ絶対に落ちてくれません。


今回の「ソレダメ!」では、そんなしつこいポリ容器の臭いを、簡単&鮮やかに落としきる方法がレクチャーされていました。

どこのご家庭にもあるものを使って洗えば、ウソみたいに臭いは落ちるとのこと!

以下、そのやり方・方法を簡単にまとめましたので、ぜひ実践してみてください♪

キッチン

ポリ容器の臭いを消す方法

やり方・方法は非常にシンプル。

ポリ容器に塩水を入れたあとフタをし、シャカシャカとシェイクします。

シェイクする時間は1分ほどでOK。1分経過したら塩水を捨て、あとはふつうに食器用洗剤で洗えば完了です。

塩水を入れてシェイクする。この過程を挟むだけで、あれだけしつこい臭いは消えてくれます。



そもそもなぜポリ容器についた臭いが落ちにくいのか。

ポリ容器の内側には、見えないレベルのミクロの穴がたくさんあります。さらに使っているうちに細かな傷ができてきます。

そういった細かな傷に、食品の臭いのもとが入り込んでしまうため、洗ってもなかなか落ちてくれないとのこと。

そこで塩水を入れて振ると、塩の結晶が入り込んだ臭いのもとを傷から掻き出してくれるので、すっきりと臭いが落ちてくれるというわけです。



番組内ではこのライフハックの効果がどれほどのものか、検証実験をしていました。

1週間キムチを入れてしっかり臭いをつけたポリ容器に上記の方法を試したところ、ほぼ無臭状態にまでなっていました。このライフハック、すごすぎです!



さいごに

以上、番組内でレクチャーされた「ポリ容器の臭いを消す方法」の簡単なまとめでした。

ポリ容器を使い終わったあとの悩みのタネである「臭い」。

念入りに洗剤で洗うことで解決していた方も多いと思われますが、もうそんな苦労はいりません!

塩水を入れてシャカシャカするだけでOK。非常にお手軽ですよね♪

ポリ容器の臭いに悩まされていた方は、ぜひこの方法を試してみてください!