トイレ
2018年5月15日(火)にテレビ朝日系列で放送された「名医とつながる!たけしの家庭の医学」は「心不全を劇的に減少させる心臓の老化ストップ&便秘改善食材スペシャル」でした。

「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」をリニューアルする形で始まった「名医とつながる!たけしの家庭の医学」。毎回いろんな健康情報を紹介してくれています。

今回番組が着目したのは、「便秘解消法」と「心臓の老化を止める方法」の2つ。 この記事では、番組内でレクチャーされていた「便秘解消法」に関する情報をまとめています。


女性を中心にして悩まされているイメージの強い「便秘」。

たかが便秘と侮るなかれ、しつこい便秘は体にさまざまな不調をもたらします。

お通じがこないと、当然ですが便が大腸内にどんどん溜まっていきます。すると、腸内環境はよろしくない状態に。

近年、腸には体の約7割にも及ぶ免疫細胞がいて、腸内環境の良し悪しが免疫力の高い低いに関係していることが判り、巷では腸内環境を改善する菌活がブームが巻き起こりました。

またほかにも、便秘は心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高めることもわかっています。血管系の病気にも影響を及ぼしている、非常に怖い便秘。


今回の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では、そんな便秘の解消法に着目。なかなか治らない便秘の解消に効果が期待できる食べ物として「エシャレット」を取り上げ、具体的にエシャレットの何に便秘解消の効果があるのかを詳しく解説していました。

以下、番組内でレクチャーされた「エシャレットの便秘解消効果」に関する情報を簡単にまとめましたので、お通じが定期的に来るようにしたい、腸内環境を整えたい方は、ぜひ参考&実践してみてください!

指を指すドクター

便秘の恐怖

動脈硬化などが原因で血管が詰まり、発症する脳梗塞や心筋梗塞。

どちらも死に直結する恐ろしい病です。

そんな病の発症リスクとして、近年医学界で注目されているのが「便秘症」。

腸内に溜まった便により、毒素が大量に発生。その毒素が血管を傷つけ、病の発症につながると考えられています。

実際、慢性的な便秘がある人の心筋梗塞・脳梗塞などによる死亡率は、便秘でない人の2倍も高いという報告もあります。

たかが便秘と考えず、即座に解消するのが得策!



胆汁酸の量を増やす

とはいえ、便秘の解消・改善には骨が折れますよね。なかなか治らないのがきついところ。

しかし今回の番組では、便秘を解消する新食材として、これまで知られていなかった食材が紹介されていました。この新食材、乳製品や発酵食品とは違ったアプローチで便秘の解消を促す効果が期待できる優れものなんだとか♪

その新食材とは、ずばり「エシャレット」。


そもそも便秘解消のカギは「胆汁酸」。

快便の人と便秘症の人の便に含まれる「胆汁酸」という成分の量には明らかな違いがあるとのこと。

胆汁酸を多く出せる人は便秘にならないと考えられています。

胆汁酸とは、誰もが体内に持つ消化液の一種。胆汁酸が食べたものといっしょに大腸へ到達すると、大腸が活発に動き出し、便を形成したり、また作った便の移動・排出を活発にする効果があると、近年の研究で判明しました。

そのため、快便の人の便には胆汁酸が多く含まれる傾向にあるんだとか。


つまり、胆汁酸の量を増やせば、便秘解消につながる可能性が高いというわけ。

そこで重要になってくる食べ物が「エシャレット」です。



エシャレットで便秘を解消

エシャレットを食べると、胆汁酸の量を増やすことができます。

一般的な食材に付着した胆汁酸は小腸で吸収され、ほとんど大腸までは届きません。

いっぽう、エシャレットに付着した胆汁酸は小腸で吸収されず、大腸に大量の胆汁酸を届けることができるとのこと。

エシャレットは、大腸に胆汁酸を効果的に届けて、便秘解消・予防が期待できるんだとか。

この差を生む、エシャレットと一般的な食材の違いは、「水溶性食物繊維」にあります。


そもそもエシャレットとは、簡単に言うと「生で食べられるラッキョウ」のこと。

ふつうのラッキョウは生で食べると辛味が強いのでお酢に漬けるのが一般的ですが、エシャレットはそんなラッキョウを品種改良し、生でも食べやすくしたもの。見た目が西洋野菜の「エシャロット」に似ているため、エシャレットと名付けられたとのこと。

最近では、スーパーの野菜売り場でも陳列されるようになっています。

胆汁酸は食物繊維の一種である「水溶性食物繊維」を摂っていると便に含まれやすくなると考えられています。そんな水溶性食物繊維を抜群に多く含む食材がエシャレットとのこと。


エシャレットを調理する際のポイントは、油を使うようにする点。揚げ物、炒め物などですね。

というのも、胆汁酸は、油を摂ると多く分泌されるようになるため。

エシャレットを油で調理した料理は、油と水溶性食物繊維が同時に摂れ、より効果的に胆汁酸を大腸に届けられるようになるというわけです。



さいごに

以下、番組内でレクチャーされた「エシャレットの便秘解消効果」に関する情報の簡単なまとめでした。

番組では、50年便秘に悩まされている女性に、エシャレットを1日8本食べる生活を5日間行ってもらったところ、胆汁酸の量が増え、見事に便秘の改善の兆しがみられました!

ヨーグルトなどとはまた違った便秘解消のメカニズムなので、これは試してみる価値ありかと。

便秘に悩まされている方は、ぜひエシャレットを食生活に取り入れてみてください♪