梅酒
2018年6月13日(水)に、テレビ東京系列で放送された「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」の中で、「梅農家直伝のおいしい梅酒の作り方」が紹介されていました。

日常で使える豆知識やライフハックを取り上げている「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」。今回は「梅酒のレシピ」にスポットライトを当てていました。


疲れているときに酸っぱい物を摂取すると、疲れが吹っ飛んですっきり&さっぱりした気になれますよね。

そんな酸っぱい食べ物の代表格といえば、やはり梅。お弁当やおにぎり、食卓に欠かせない名わき役です。

梅はおいしいだけでなく、健康面も優秀。疲労回復や食欲増進、肝機能アップなどの効果が期待でき、老けない健康的な体作りには欠かせない食材です。


そんな梅をおにぎりで毎日食べてもいいんですが、やっぱりお酒をたしなめる大人は梅酒でいただきたくなりますよね(笑)。

梅は今が旬ですから、自宅で梅酒づくりを計画されている方も多いと思います。

そこで役立ちそうなのが、今回の「ソレダメ!」で紹介された「梅農家直伝のおいしい梅酒の作り方」。梅農家さんの知恵と工夫が詰まったレシピは必見です!

以下、その作り方・レシピを簡単にまとめましたので、興味を持たれた方はぜひ作ってみてください♪

キッチン

梅農家直伝のおいしい梅酒の作り方

必要なものは、梅1kg、氷砂糖1kg、ホワイトリカー1.8ℓ。


作り方は非常にシンプル。

まずは梅をサッと水洗いします。

洗ったら梅の水気をしっかりと拭き取り、瓶に入れます。

そこに氷砂糖を投入。

最後にホワイトリカーを入れて、あとは寝かせるだけ。

飲めるようになるまで1年ほど寝かせるとのこと。


梅酒は寝かせる年月によって味わいの輪郭が変わってきます。その変化を楽しむのも、梅酒の醍醐味ですね♪



▶使う梅の差
使う梅の熟し具合で、梅酒の味に影響が出てきます。

一般的に流通している梅酒は、熟す前の青い梅で作られています。これはさっぱりした味わいが特徴。

完熟した黄色い梅で作ると、味がよりフルーティーになるとのこと。

このあたり、自分の好みで選んでください!



▶寝かせる期間を短縮させる裏技
寝かせるのに1年かかる梅酒ですが、寝かせる期間を6か月まで短縮させる裏技があります。

それは、梅を冷凍させる、というもの。じつは冷凍させた梅を使うと、果汁が早く出るので、半年寝かせば飲めるようになるとのこと。

梅を凍らせると、梅の細胞が破壊され、お酒へ旨味成分が早く染み出してくれるんだとか。

凍らせた梅を使う場合は、解凍せずにそのまま使ってOKとのこと。



▶ブランデー漬け
ホワイトリカーで作るのが一般的な梅酒ですが、ブランデーで漬けるのもおすすめ!

ブランデーで漬けると、非常に香りの良い梅酒に仕上がるとのこと。

もともと香りのいいブランデーと梅の香りは相性抜群。ブランデーの香りと梅の旨味が合わさることで、より深い味わいが楽しめるとのこと。



さいごに

以上、番組内でレクチャーされた「梅農家直伝のおいしい梅酒の作り方」の簡単なまとめでした。

梅酒って、寝かせるのに時間はかかるものの、作る工程自体はとっても簡単なんですね~。

現在スーパーなどで梅が積極的に売られているんで、試しに作ってみたくなりました♪

梅農家さん直伝の梅酒の作り方と工夫。ぜひ参考&実践してみてください!