肥満体型
2018年6月26日(火)にテレビ朝日系列で放送された「名医とつながる!たけしの家庭の医学」は「内臓脂肪&頻尿&セカンドオピニオンスペシャル」でした。

「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」をリニューアルする形で始まった「名医とつながる!たけしの家庭の医学」。毎回いろんな健康情報を紹介してくれています。

今回番組が着目したのは、「内臓脂肪を減らす方法」と「頻尿の解消法」の2つ。 この記事では、番組内でレクチャーされていた「内臓脂肪を減らす方法」に関する情報をまとめています。


健康を害する要因のひとつである「内臓脂肪」。

脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があり、運動や食事制限によって比較的落としやすいのは皮下脂肪の方です。一方落としにくいのが内臓脂肪。

肝臓や腸などのまわりにつく内臓脂肪は、一見痩せて見える人にもついていることがあります。過剰な内臓脂肪は生活習慣病のリスクを高め、健康寿命に大きく関係しています。

健康に毎日を過ごしたければ、内臓脂肪をつけないのが一番。そこで役立ちそうなのが、今回の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で紹介された内臓脂肪を減らす方法!


番組は「BAT」という細胞に着目。この「BAT」を活性化させれば、内臓脂肪は勝手に、効率よく燃えてくれるとのこと。嬉しいことに、ダイエットも運動も不要です♪

以下、番組内でレクチャーされた「内臓脂肪を減らす方法(BATを活性化させる方法)」を簡単にまとめました。

脂肪の燃焼効果を高めたい方は、ぜひ参考&実践してみてください!

腕組みするドクター

BATに着目!

過剰な内臓脂肪の蓄積は、命に関わる重篤な病のリスクを高めます。

近年の研究で、そんな危ない内臓脂肪を効率的に減らす方法が明らかになってきました。

それは、体の中にある「BAT」という細胞群を刺激して内臓脂肪を燃やすという方法。

私たちの身体にはBATという細胞が存在し、それを刺激し、増やしたり活性化できれば、なんと内臓脂肪が勝手に燃やされ、減らせる可能性があるとのこと。


これまでの研究によると、筋肉を動かした場合の燃焼効果は数字で言えば4程度なんですが、BATが活性化した場合の燃焼効果は300~400。なんと筋肉を動かしたときの70~100倍の燃焼効果があるんだとか!

これを体重の増加に換算すると、BATをしっかり増やすことができれば、1年で約1kg体重が抑えられます。



BATの正体

BATは、肥満改善や糖尿病予防のため、世界中で最先端の研究が行われている細胞。

もともと脂肪を燃やして体温を上げる、保持する、いわば身体のヒーターの役割をする細胞になります。

そのため燃料として内臓脂肪を多く使用することになるので、BATが多かったり活性化していると、内臓脂肪がどんどん減っていくというわけ。

近年の研究で、BATが全身の脂肪燃焼に大きく関係していることが判ってきています。



そんなすばらしい働きをしてくれるBATなんですが、ひとつ問題があります。

それは年をとると減ってしまう、ということ。

20代のころはたくさんあるんですが、40代に入るころにはほぼないんだとか。

以前までは、BATは減ってしまったらもう戻らないと思われていたんですが、最新の研究で一度減ってしまったBATをまた増やせる方法が判明!

番組では、そのやり方・方法がレクチャーされていました。



BATを増やす方法

BATを増やすには、①身体を寒冷刺激する、②食生活、の2つがあります。


①身体を寒冷刺激する

BATを増やすポイントは「寒冷刺激」。

寒冷刺激というのは、冷たいことを刺激として使う方法。

人の肌には、寒さを感知し、BATを増やす働きをするセンサーがあります。長期間そのセンサーが寒さを感知し続けると、BATは増えるんです。

しかしながら、誰もが毎日寒い環境にいるわけではありません。そこで誰でもできるBATの増やし方が、次の「食生活」になります!



②食生活

BATを増やすセンサーは皮膚だけでなく、じつは消化器にも存在します。

そのため、食事によってもBATを増やすことができます♪

消化器内にあるセンサーは、医学的に「トリップチャネル」と呼ばれ、近年の研究で消化器には3つのトリップチャネルがあることがわかりました。

そしてこれら3つのセンサーに対応する3つのグループの食材を同時に摂り、センサーを刺激することこそ、BATをしっかり効果的に増やすことにつながると考えられています。


続いては、その気になる食材の紹介。

まずはグループ1。とうがらし・しょうが・黒コショウ・青魚になります。

とうがらし・しょうが・黒コショウは辛味があり、身体を温めてくれます。

トリップチャネルは温度を感知してBATを増やすんですが、じつは温度以外に辛さも感知するので、上記の食材は有効とのこと。

青魚だけ毛色が違いますが、青魚に含まれるEPAやDHAも同じセンサーを刺激してくれるとのこと。



続いてグループ2。わさび・からし・にんにく・玉ねぎになります。

これら4つの食材は、グループ1とは違うセンサーを刺激し、BATを増やしてくれます。



最後グループ3。これがミントになります。

ミントに含まれるメントールという成分が、グループ1ともグループ2とも違うセンサーを刺激してくれます。



上記、3つの食材を合わせて摂るようにすると、消化器内の異なる3つのセンサーを刺激でき、結果BATが増えるとのこと。



さいごに

以上、番組内でレクチャーされた「内臓脂肪を減らす方法(BATを活性化させる方法)」の簡単なまとめでした。

内臓脂肪を減らしてくれるBAT。これを増やしたり活性化できれば、ダイエットや食事制限なしで内臓脂肪を減らせるとは朗報ですよね♪

ダイエットも食事制限も厳しいものなので、これはありがたい。

健康のために内臓脂肪を減らしたい方は、ぜひ上記のBATの増やし方を行ってみてください!