さんま
2018年10月2日(火)にテレビ朝日系列で放送された「名医とつながる!たけしの家庭の医学」は「健康長寿物質&認知症新リスク&転倒新原因スペシャル」でした。

「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」をリニューアルする形で始まった「名医とつながる!たけしの家庭の医学」。毎回いろんな健康情報を紹介してくれています。

今回番組が着目したのは、「健康長寿物質」と「認知症予防法」、「つまずき・転倒予防」の3つ。 この記事では、番組内でレクチャーされていた「健康長寿物質」に関する情報をまとめています。


いつまでも病気知らずで元気に過ごしたい。これは多くの人が願うことですよね。

しかし実際は年齢を重ねるにつれて、身体のさまざまなところに不具合が生じ、不調が出てしまうのが常。

いわゆる「老化」ですが、今回の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では、そんな老化現象にスポットライトを当てていました。

すべての人に平等に訪れる老化。じつは世界に先駆けて日本で発見された「健康長寿物質」があるんです。その健康長寿物質の名称は「AIM」で、老化予防はもちろん、がんを初めとするさまざまな病気を消し去り、身体を健康な状態に戻してくれる働きを期待できるんだとか。


今回番組では、そんな夢のような物質AIMに大注目。AIMが身体の中でどのように作用しているのか、AIMを効果的に増やす方法(食べ物)などを詳しく取り上げていました。

以下、その内容を簡単にまとめましたので、いつまでも元気に過ごしたい方はぜひ参考にしてみてください♪

医者

スーパー健康長寿物質AIM

病の回復&老化防止が期待できるスーパー健康長寿物質の「AIM」。

これを発見したのは、東京大学大学院教授の宮崎徹先生。AIMの発見は、なんとあのiPS細胞の発見に匹敵するのでは…と言われるほどなんだとか。


AIMは、病気に傾きかけている身体を健康な状態に戻そうとしてくれるたんぱく質。

AIMは誰の身体にも存在し、がんなどをはじめとした病を消し去り、健康な状態に戻してくれるとのこと。AIMは病気のもとを退治してくれる、非常に頼れる存在なんですね。

年を重ねてもAIMの量が多ければ、病気になりにくく、健康長寿になる確率が高いことが近年の研究で明らかになったんだとか。


実際AIMは身体の中でどのような働きをしてくれるのか。

私たちの身体には、細胞の死骸やがん細胞、脂肪などといったゴミが日々発生しています。これらを放置していると病気になってしまいます。

この状況で活躍してくれるのがAIM。私たちの身体には、貪食細胞というゴミを除去する細胞が大量に存在しています。AIMは、体内で発生したゴミにマーキングをして、貪食細胞にゴミの場所を教える役割を果たしているとのこと。

貪食細胞はAIMのつける目印がないとうまくゴミが回収できないので、AIMの果たす役割は非常に重要と言えます。



AIMを増やす

となれば、AIMを多くしたいと思うわけですが、残念ながらAIMは年を重ねるにつれて減少していってしまいます。

AIMは現在研究段階にあり、増やす確実な方法はいまだに判っていないのが現状。

しかしながら、傾向としてある程度食事によってAIMの量は左右されるのではないか、という結果は得られているとのこと。


AIMの発見者である宮崎先生いわく、今が旬の「サンマ」には、AIMを増加させる可能性があるとのこと。

AIM増加が期待できる栄養素が魚油に含まれる成分であるDHA。DHAには、AIMの産生を促す効果が期待できるんだとか。で、そんなDHAを多く含む食材が、サンマなどの青魚になります。

ちなみにサンマを食べる際に、あわせてレモン(ビタミンC)を食べると、より効果的にAIMを増やせる可能性があるとのこと。



番組では、毎日サンマ+レモンを食べることでどれだけAIMが増えるのかを検証していました。

AIMの量が基準値未満の女性被験者ひとりに、毎日サンマ一尾+レモンを食べる生活を1週間続けてもらい、AIMの量の変化を観察していました。

1週間後、AIM量は基準値には届かなかったものの、確実に増えるという結果に! DHA恐るべし、という結果ですね♪



さいごに

以上、番組内でレクチャーされた「健康長寿物質AIMに関する情報」の簡単なまとめでした。

今が旬のサンマを食べることで、がんなどをはじめとした病気に対する予防、老化防止が期待できるというのは朗報ですよね~。

しかもAIMの増加を手助けしてくれる可能性のあるレモンはサンマとの相性もいいですし、これは一石二鳥♪

病気知らずで長生きしたい方は、ぜひ参考&実践してみてください!