キッチン
2019年2月13日(水)に、テレビ東京系列で放送された「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」の中で、「保冷剤を消臭剤として再利用する方法」が紹介されていました。

日常で使える豆知識やライフハックを取り上げている「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」。今回は「保冷剤の再利用」にスポットライトを当てていました。


ケーキやアイスを買った時、あるいは誰かからもらった時に、中に入っている保冷剤。

中のケーキが傷んだり、アイスが溶けるのを防止する役割で使われています。

この保冷剤、夏場にお弁当が傷むのを防ぐために使ったり、首元に当てて体をクールダウンさせるために使ったりできるため、取って置くという方、けっこう多いのではないでしょうか。

しかし、実際はなかなか使う機会がなく、気がつくと冷凍庫の肥やしになってしまっているということもしばしばありますよね。


今回の「ソレダメ!」では、そんな余った保冷剤の再利用法・有効活用法を取り上げていました!

以下、そのやり方・方法を簡単にまとめましたので、ぜひ試してみてください♪

窓

保冷剤を消臭剤として再利用する方法

じつは、保冷剤は簡単に消臭剤に変身させることができちゃうんです!


保冷剤は、「吸水性ポリマー」という素材で作られています。

この吸水性ポリマーには、ニオイの成分を吸い寄せる性質があるので、消臭剤として使うことができるとのこと。市販の消臭剤ビーズにも、吸水性ポリマーは使われているんだとか。



保冷剤を消臭剤にするやり方は超簡単。

開いている容器に、保冷剤の中身(吸水性ポリマー)を入れるだけ。あとはそれを、ニオイの気になる場所に置いておけばOKです。

オシャレな容器に入れれば、インテリア的な雰囲気も出て良さげかと♪



さいごに

以上、番組内でレクチャーされた「保冷剤を消臭剤として再利用する方法」の簡単なまとめでした。

保冷剤がそのまま消臭剤として利用できるとは、これは非常に助かりますよね~。

保冷剤が余りがちな方は、ぜひ消臭剤にして、家や車のニオイが気になるところに置いて、有効活用しちゃいましょう!