鮭
2019年3月26日(火)にTBSテレビ系列で放送された「この差って何ですか?」では、さまざまな興味深い世の中の差が取り上げられていました。

その中に、「100歳が実践する食べ合わせ」を取り上げているコーナーがありました。


100歳超えの元気なご長寿がふだんどんな食生活をしているのかって、非常に気になるところ。

世の中には体に良いとされる食べ物はたくさんあります。たとえばヨーグルト、豆腐、納豆、サバ、サケ、キャベツ、梅干し、トマトなどなど。

もちろんこれらの食べ物(食材)は、元気なご長寿の方も積極的に食べているんですが、ご長寿の方々は食べ合わせを工夫することで、得られる健康効果を効率的に高めているんです。


今回の「この差って何ですか?」では、100歳超えのご長寿が実践している食べ合わせに着目し、その中から骨粗しょう症・認知症・動脈硬化・腸内環境の悪化といった症状におすすめの食べ合わせをピックアップし、紹介していました。健康的に長生きするうえで、非常に参考になる内容でした。

この記事では、番組内でレクチャーされた「動脈硬化予防に効果的な食べ合わせ」に関する内容を簡単にまとめましたので、ぜひ参考&実践してみてください!

ブロッコリー

動脈硬化予防に効果的な食べ合わせ

動脈硬化予防に効果的な食べ合わせは、「サケ」と「ブロッコリー」です。


ポイントとなってくるのは、ブロッコリーに多く含まれるビタミンC。

ブロッコリーは野菜の中でもとくにビタミンCが豊富な野菜になります。

サケにはアスタキサンチンという成分が多く含まれており、このアスタキサンチンは血液をドロドロにする活性酸素を取り除いてくれます。

サケだけ食べても、動脈硬化の予防効果は期待できるんですが、ブロッコリーと合わせることで、さらに予防効果は高まると考えられています。

というのも、ブロッコリーのビタミンCは、アスタキサンチンの働きを持続させる、つまり、より長く動脈予防効果が続くようにしてくれるとのこと。


なので、ただ単純にサケだけを食べるのではなく、ブロッコリーと合わせて食べた方がお得。

シチューなどに入れて煮込めば、無理なくサケとブロッコリーをいっしょにいただけます♪



さいごに

以上、番組内でレクチャーされた「動脈硬化予防に効果的な食べ合わせ」の簡単なまとめでした。

動脈硬化によって引き起こされる心筋梗塞や脳梗塞といった血管系の病気は、一度の発症で命を落とす可能性のある非常に怖いもの。しっかりと予防線を張っておくことは大切です。

サケ×ブロッコリーの食べ合わせを実践して、しっかり動脈硬化予防をしていきましょう!