コロッケ
2019年5月7日(火)にTBSテレビ系列で放送された「この差って何ですか?」では、さまざまな興味深い世の中の差が取り上げられていました。

その中に、「スーパーの総菜コーナーにある輪ゴムがカラフルな理由」を取り上げているコーナーがありました。


おかずを作るのが面倒なときにお世話になることが多い、スーパーの総菜コーナー。

多種多様な揚げ物がずらりと並んでいて選び放題♪ 揚げ物は自分で家で作ると油の片付けも大変だし、揚げてる最中は熱いしと、なかなか面倒。

スーパーで売られているものを買っちゃえば、そういった苦労から解放され、ただ「おいしい」に浸れるので、とくに仕事で遅くなったときなんかは、総菜コーナーのお世話になっている方、多いのではないでしょうか。


今回の「この差って何ですか?」では、そんなスーパーの総菜コーナーに置かれている輪ゴムに注目していました。

一般的な輪ゴムの色って黄土色ですが、総菜コーナーに置かれている輪ゴムは緑や赤、黄などカラフルですよね。その謎に、番組は迫っていました。

以下、その内容を簡単にまとめましたので、気になる方はぜひ読んでみてください!

ソファーで勉強する女の子

スーパーの総菜コーナーにある輪ゴムがカラフルな理由

理由は単純明快。

総菜売り場の輪ゴムは、置かれている揚げ物に紛れてしまわないように、あえてカラフルなものを使用しているケースが圧倒的に多いんです。

一般的な黄土色の輪ゴムはコロッケなどの揚げ物の色に近く、もし揚げ物の上にあっても気づかないかもしれません。

気づかないだけならまだしも、買って帰ったあと、お子さんなどが輪ゴムに気づかず揚げ物といっしょに口に入れてしまう可能性も!

そこで黄土色の輪ゴムではなく、赤や緑などカラフルな輪ゴムを置くことで、仮に揚げ物の上に乗っかっていてもすぐに気づけるようにしているというわけ。


スーパーの総菜コーナーにある輪ゴムがカラフルなのは、お店側の気配りからきてたんですね♪



さいごに

以上、番組内でレクチャーされた「スーパーの総菜コーナーにある輪ゴムがカラフルな理由」の簡単なまとめでした。

言われてみれば納得の理由でしたね。

というか、そこまで配慮して輪ゴムの色を決めていたという事実にびっくり! 日本人のきめ細やかな精神が見事にあらわれているように感じました!

スーパーの総菜コーナーにある輪ゴムがカラフルな理由。ぜひ雑学のひとつとして覚えておいてください♪