医者
2019年5月18日(土)に日本テレビ系列で放送された「世界一受けたい授業」で、「最新のがん予防法」を取り上げていた授業がありました。

今回の「世界一受けたい授業」がスポットライトを当てたのは、「がん予防法」。


国民の2人に1人ががんになる時代。

日本人の死亡原因第1位はがん(悪性新生物による)です。しかも、がん死亡者数は年々増え続けているのが現状。

長生きすると、がんになるリスクが増します。その理由は、細胞のコピーミスが加齢によって増加してしまうため。人の体には37兆個もの細胞があり、一つの細胞は50回ほどコピーを繰り返したあと、早いものだと3日で死ぬようにできています。

しかし、コピーの間に何らかの理由でミスが発生し壊れた細胞ができます。これががん細胞のもと。ふつうの細胞と違い、がん細胞は制限なくコピーを続けるため、どんどん拡大していってしまうのです。


そんな恐ろしいがん。できればなりたくないですよね。

今回の「世界一受けたい授業」では、最新のがん予防法が紹介されていました。食べるものや生活習慣をちょっと変えると、それだけでがんになりにくくなるんだとか♪

以下、その内容を簡単にまとめましたので、ぜひ参考&実践してみてください!

ニンニク

がんがほかの病気と比べて治りづらい理由

がんがほかの病気と比べて治りづらいのは、がんが自分の体の一部であるため。

人間の体は、インフルエンザなどのウイルスや菌が侵入してきたとき、自分以外のものを排除しようと攻撃して自分を守ります。

しかしがんは、もともと自分の体の細胞なので、免疫が病気のもとと認識するのが遅く、攻撃をしにくいため、治るのが遅いんです。


また、同じがんにかかり、同じ治療を受けているにもかかわらず、治りやすい人と治りにくい人がいるのもがんの特徴。これは、がんにも個性があるためです。

人の顔がそれぞれ違うように、がん細胞も千差万別。

インフルエンザの薬は多くの人にほぼ同じように効きます。しかしがんの場合、同じ胃がんという診断でも、がん細胞は人によって異なるため、治療の効果には差が出てしまうんだとか。

つまりがんは「外敵」ではなく「内敵」ということ。



がん検診の重要性

肺がんや肝臓がんなど、ほとんどのがん細胞は、20~30年かかって大きくなります。

つまり50代でがんになった人は、20代からがん細胞があったということ。

定期的に検診を受け、初期のがんとして見つけられれば、90%の確率で治すことができます。


日本は、先進国の中でもがんによる死が増加し続けている国。

その理由は、検診率の低さ。アメリカと比べ、大腸がんの検診率は2割も低く、乳がんの検診率にいたってはアメリカの約半分。


1年に1回は検診を受け、早期にがんを発見することが非常に大切とのこと。



がん予防のための運動

がん予防のために激しい運動をする必要はありません。

とくに、普段運動をしていない人が、いきなり激しい運動をするのは逆効果になるので要注意。

細胞を傷つけ、免疫機能が下がってしまう可能性も考えられます。


がん予防のためには、ふだんの生活の中でちょっとした負荷をプラスするくらいでOK。

たとえばエレベーターやエスカレーターではなく階段を使ったり、あるいは一駅分歩くなどでも、がん予防に必要な運動量は十分稼げるとのこと。



食材のカビに要注意

食材のカビには注意が必要です。

とくに、輸入されたピーナツやトウモロコシなどに生えることの多い「アフラトキシン」というカビにはとても発がん性が強いので気をつけましょう。

日ごろ自分が買って調理している食材に、注意を配る必要がありそうですね。



がん予防にはにんにく!

近年、アメリカの国立がん研究所から、がん予防に効果が期待できる食べ物が発表されました。

その食べ物とは、ずばり「にんにく」。

にんにくは、体質に関係なく、誰にでもがん予防が期待できる食べ物とのこと。


アメリカの国立がん研究所の調査によると、にんにくに含まれる「ジアリルトリスルフィド」などの成分が、がん細胞の増殖を抑えてくれる働きがあるほか、発がん性物質を体から排除する酵素の働きを活性化させる効果も期待できるとのこと。


食べる量の目安は、1日ひとかけら(2~5g)。

ただし、がん予防に有効とされる成分はニオイに含まれているので、無臭にんにくには効果が期待できないので注意してください!



さいごに

以上、番組内でレクチャーされた「最新のがん予防法」でした。

にんにくのあの強烈なニオイには、人類にとって非常に心強いがん予防のヒントが隠されていたんですね~。

ニオイは強烈なものの、1日ひとかけらくらいの量なら続けられなくもないかな、という気になってきます。にんにくチップスなど食べ方を工夫して、日々の食生活に取り入れていきたいですね♪

がんに対して予防線を張っていきたい方は、ぜひ参考&実践してみてください!