コーヒー1
2019年6月18日(火)にテレビ朝日系列で放送された「林修の今でしょ!講座」は講座豪華3本立てのスペシャルでした。

今回の「林修の今でしょ!講座」では、「コーヒーと緑茶の賢い飲み分け」にスポットライトを当てていました。


私たちにとって非常に身近な飲み物であるコーヒーと緑茶。

コーヒーは甘いものとの相性がよく、ちょっとしたブレイクタイムにいただく方が多いかと。一方緑茶は食事の時やお風呂上りなどにいただくことが多いですよね♪

今回の「林修の今でしょ!講座」は、そんなコーヒーと緑茶に着目。どちらもおいしいうえに健康面でもプラス効果があるのはなんとなく知られていますが、実際どっちにどんな健康効果が期待できるのかを完璧に把握している方は少ないかと。


今回番組では、コーヒーと緑茶がもつ健康パワーを徹底的に解明・解説し、自分の体に合わせた賢い飲み分けを提案していました!

この記事では、番組内でレクチャーされた「コーヒーの夏太りの予防効果」について簡単にまとめていますので、ぜひ参考&実践してみてください♪

メタボリック

コーヒーの夏太り予防効果

夏場は暑くてゲッソリ痩せてしまうイメージがありますが、意外と太る人も多いんです。いわゆる「夏太り」というやつですね。

夏は暑くて体が疲れてしまい、スルッと簡単に食べられるうどんやそうめんなどの炭水化物を食べる機会が増えます。

また冷たい飲み物は甘さを感じにくいため、夏場は糖分を摂りすぎてしまう傾向にあります。

こういった理由から夏太りになってしまい、それはひいては糖尿病や動脈硬化のリスクを高めることにつながっています。



そんな夏太りの対策にもってこいなのが「コーヒー」。

コーヒーを1日3杯飲むと、脂肪の燃焼量が飲まない人と比べて、約2倍にアップするという研究結果があるんです。


ポイントは、コーヒーに含まれるクロロゲン酸。

クロロゲン酸には、糖質の吸収を抑えるとともに、脂質の代謝を促進させる効果が期待できます。

さらにコーヒーに含まれるカフェインには、リパーゼという脂肪を分解する酵素を活発にする効果も期待できます。

クロロゲン酸とカフェインの2つの効果によって、コーヒーは脂肪燃焼量をアップさせる飲み物となっているんです!



飲むタイミング

夏太り予防のコーヒーパワーをより高めるのに重要なのが、飲むタイミング。

ずばり、運動前に飲むようにしましょう!


クロロゲン酸やカフェインは、飲んでから約30分後に効果が出てきます。

その後、飲んでから3時間後に脂肪燃焼効果はピークに達するので、この間に運動をするのがベストとのこと。



さいごに

以上、番組内でレクチャーされた「緑茶の夏太りの予防効果」の簡単なまとめでした。

コーヒーに脂肪燃焼効果が期待できるとは意外な情報でした。

これは夏場に限らず、体重管理のために1年通じて飲んでいきたくなりますね♪

肥満や、肥満からくる生活習慣病の対策に、ぜひ1日3杯のコーヒーを!