サーモン
2019年10月8日(火)にTBSテレビ系列で放送された「この差って何ですか?」では、さまざまな興味深い世の中の差が取り上げられていました。

その中に、「おいしい旬の魚の見分け方」を取り上げているコーナーがありました。


秋と言えば食欲の秋。

山のもの・海のもの問わず、いろんな食材が旬を迎える時期ですよね♪ いろんなものがおいしいので、ついつい食べ過ぎてしまいがちなのが秋です(笑)。

今回の「この差って何ですか?」では、旬を迎える魚に着目していました。

秋の魚というと「サンマ」が一番に思い浮かびますが、それ以外にも旬を迎える魚はたくさんあるんです。秋こそ魚を食べるべき季節なんですね♪

そこで今回番組では、おいしい旬の魚の見分け方を紹介していました。


以下、この記事では番組内でレクチャーされた「おいしいサーモンのサクの見分け方」を簡単にまとめました。

ぜひ参考&実践してみてください!

フライパンを使う女の子

おいしいサーモンのサクの見分け方

自宅でお刺身やお寿司、手巻き寿司を作る際に重宝するのが、スーパーで販売されているサーモンのサク。これを切り分けて、お刺身にしたり、手巻きずしの具材にしている方、多いと思われます。

そんなサーモンのサク、スーパーに並べられているものはすべて同じように見えますが、あるポイントを見れば、よりおいしいサーモンのサクを見分けることができます。

そのポイントとは、ずばり形。


重要なのは、身に凹みがあるかどうか。

凹みがあるサクは、薄っぺらくて敬遠されがちな傾向にありますが、じつは凹んでいる方がおいしいサクなんです。

この凹み部分は、もともとあった内臓を取り除いたためにできたもの。

つまり、凹みがあるサクは、内臓があったお腹の部分の身なので、脂がのっていておいしいというわけです♪



さいごに

以上、番組内でレクチャーされた「おいしいサーモンのサクの見分け方」の簡単なまとめでした。

サーモンのサクを選ぶ際、厚みのあるものの方がボリューミーでお得そうなのでそっちを選んでしまいがちですが、しっかりと凹みのあるものを選ぶのが重要なんですね~。

これからスーパーでサーモンのサクを買う際は、ぜひ凹みの有無を確認してください!