食卓
2019年10月29日(火)にTBSテレビ系列で放送された「教えてもらう前と後」では、さまざまな知って得する、生活の質をアップさせてくれる情報が取り上げられていました。

その中に、「知って得する冷蔵庫の正しい使い方」を取り上げているコーナーがありました。


生活する中で欠かせない家電のひとつである「冷蔵庫」。

買ってきた魚や肉、野菜などの鮮度を保つのに欠かせないものです。

多くの方が当たり前のように冷蔵庫を使っていると思われますが、じつは多くの人が間違った使い方をしている場合(食材・食品)があるんだとか。

有能家電の冷蔵庫も、誤った使われ方をすると、その性能がフルに活用されません。

今回の「教えてもらう前と後」では、食材・食品別の正しい冷蔵庫への保存法を取り上げていました!


この記事では、番組内でレクチャーされた「味噌の正しい保存法」を簡単にまとめました。

ぜひ参考&実践してみてください♪

キッチン

味噌の正しい保存法

味噌のベストな保存場所は「冷凍庫」。


味噌は売られている状態がベストな発酵状態になります。

なので、購入してからいかに発酵を遅らせるのかが保存のポイントになってきます。

蓋を開けた時から発酵は進みだし、何もしないでいると、どんどん発酵は進んでしまいます。そうすると味が変化(劣化)していってしまいます。

冷凍庫に入れて保存しておくと、その発酵を止めることができ、一番おいしい状態を長くキープできるというわけ♪


ちなみに味噌は冷凍庫に入れてもカチカチに凍ることはありません。

味噌が凍るのは-30℃以下。一般的な家庭用冷凍庫は-18℃くらいなので、凍ることはなくそのまま料理に使えます!



さいごに

以上、番組内でレクチャーされた「味噌の正しい保存法」の簡単なまとめでした。

味噌はどんどん時間が経つにつれて劣化し、風味が飛んでいってしまいます。

それが冷凍庫での保存で防げるというのは朗報ですよね♪

お味噌の保存場所は冷凍庫。ぜひ覚えておきましょう!