ブロッコリー
2019年10月29日(火)にTBSテレビ系列で放送された「この差って何ですか?」では、さまざまな興味深い世の中の差が取り上げられていました。

その中に、「おいしい旬の野菜やフルーツを見分けるポイント」を取り上げているコーナーがありました。


現在秋真っただ中。

いろんな食材がおいしさのピーク・旬を迎えていますよね。食欲の秋を思いっきり満喫されている方、多いと思われます♪

今回の「この差って何ですか?」では、そんな今の時期に旬を迎える野菜・フルーツに着目。

旬の野菜やフルーツは、「旬」というだけでおいしくなっているものですが、そんな旬のものの中でもとりわけおいしい個体を選び出すポイントが分かりやすく紹介されていました。この情報を知っていれば、より一層食欲の秋を楽しめます!


この記事では、番組内でレクチャーされた「甘くておいしいブロッコリーの見分け方」を簡単にまとめました。

ぜひ参考&実践してみてください♪

キッチン

甘くておいしいブロッコリーの見分け方

甘くておいしいブロッコリーを見分ける際のポイントは、ブロッコリーの色。

売られているブロッコリーには、緑色をしたものと紫がかっているものの2種類があります。

ずばり、おいしいのは紫がかっている方!


紫がかったブロッコリー、中には腐っていると思う人もいるかもですが、実際は甘くておいしい可能性が高いとのこと。

ブロッコリーは、寒さや強い紫外線にさらされると、自分の身を守るために糖を蓄えようとします。この影響で、紫色の成分であるアントシアニンが活性化し、紫がかるんです。

つまり、紫がかったブロッコリーは、糖分が多く、あまくておいしい証拠というわけ♪



さいごに

以上、番組内でレクチャーされた「甘くておいしいブロッコリーの見分け方」の簡単なまとめでした。

おいしいブロッコリーは色を見れば一発でわかる。これは勉強になりましたね!

ちなみにブロッコリーの栄養は房よりも茎の方に多くあるので、茎を積極的に食べるのがおすすめとのこと♪

旬でおいしいブロッコリーを買う際&食べる際には、ぜひ上記の情報を参考にしてみてください♪