年賀状束
2016年の暮れも押し迫ってきました。

3連休に入って、2017年の年賀状の用意に四苦八苦されている方も多いのではないでしょうか。

かくいう私も、やっとこさ2017年の年賀状の作成を終えたところで、ほっと一息ついています(笑)。


新年の挨拶なんてメールでちゃちゃっと済ませちゃってもいいかとは思うんですが、やっぱり手書きのものを送るっていうのも、「温かさ」を伝えるという視点から見ると捨てがたいですよね(☆゚∀゚)

私自身、LINEやメールであけおめのメッセージを送る一方で、紙の年賀状の方もできるだけ出すようにしています。紙の年賀状を印刷するときは、ついでに両親の分もやってあげてます。

私にとって手書きの年賀状の作成は、年末のルーティーンのひとつと化しています(^_^)


で、今年も何の気なしに、年賀状作りに取りかかろうとしたとき、事件は起こりました。

簡単にいえば、パソコンの故障によって年賀状の作成が不可能に…(汗)。

なんかパソコンが立ちあげてもすぐにシャットダウンしてしまうという奇病になってしまい、そのパソコンに入れてた年賀状作成ソフトが開けない(TДT)

パソコンは親のを借りれば問題ないんですが、作成ソフトはどうしようもありません。

その結果、今年数年ぶりに新しい年賀状の作成ソフトを買いました。で、これが作成も簡単だし、パソコンも重たくならないしで、すごくよかったんです('▽'*)

あっという間に年賀状作りは終了(・∀・) 現在、気分はルンルンです(笑)。


というわけで、この記事では、私が年賀状作りに使用した作成ソフトを紹介しようと思います。

価格はなんと430円! 非常に高コスパのソフトなので、良い年賀状作成ソフトを探しているという方は、ぜひ参考にしてみてください♪


世界一かんたん定番年賀状 2017
本
私が購入したのは、「世界一かんたん定番年賀状 2017」です。価格は税込みで430円。

これ自体は書籍なんですが、付属のCD-ROMがついており、これで年賀状作成ソフトを立ち上げることができます。


前述のとおり、パソコンがうんともすんとも言わなくなってしまい、とりあえず新しい年賀状作成ソフトをゲットせねばと思い立ち、書店を訪れました。

で、年賀状コーナーの一番目立つところに陳列されていたのが、この「世界一かんたん定番年賀状 2017」でした。

「世界一かんたん」っていう響きが何よりいいですよね(笑)。年賀状に手間は取られたくないし、ストレスを感じたくないので、簡単に作成できるというのは絶対条件!

表紙アップ
さらに私の購買意識を高めてくれたのが、この「世界一かんたん定番年賀状 シリーズ」が、5年連続(2011年~2015年)で週間本ランキングのBOOK(総合)部門で1位に輝いているという点。

「5年連続販売実績No.1」というのはすごく大きいですよね。買う側としては得られる安心感がぜんぜん違ってきますから♪


本書籍のアマゾンページをチェックしてみても、絶賛のレビューがずらりと並んでいました。以下がそのレビューたちです。
毎年続けて購入しています。 価格が安く、デザインもそれなりに収録されているので、十分な内容です。 個人的には「エコ」という、シンプルでインクをあまり消費しないデザインが入っているのもいいなと思います。
分かりやすく簡単!そして手頃な値段なので、毎年購入しています
初めて買いましたが、安くて使いやすくいいですね。来年もこれにします。
アマゾンのカスタマーレビューの星も4.6と高評価。

ここまで絶賛されているものも珍しいので、迷わずこれを購入しました!



最大のメリットは
▶インストール不要
ソフト
で、実際に「世界一かんたん定番年賀状 2017」を買って帰って使ってみると、すごく使いやすい! 買って大正解でした(・∀・)

この年賀状作成ソフトの最大のメリットは、ソフトのインストールが不要という点!

パソコンにソフトをインストールする必要はなく、CD-ROMを再生させるだけで年賀状の裏面&宛名が作成できちゃいます。


具体的な作成の流れは以下のとおり。

まずパソコンに付属のCD-ROMを入れて再生させます。インストールは不要。

次いで、パソコン画面上に裏面のデザインがカタログチックに表示されるので、自分の好みのものを選択。

それであとはプリントするだけ! こんなにも簡単な操作手順で年賀状の裏面(文面)が作れちゃいます♪

ソフトのインストール不要なので、手軽に作れるのはもちろんのこと、パソコンの容量が少なくならないのも嬉しいですね(☆゚∀゚)

ちなみにソフトの動作環境ですが、Windows98~最新版の10まで対応しています、



▶作り方
使い方
宛名の方の作り方も超簡単。

やり方は裏面とほとんど同じです。

パソコンでCD-ROMを読み込んで、「はがき作家Free」というところを開きます。

あとは差出人と宛名を入力し、印刷実行すればOK。


入力した住所録を保存しておけば、来年の年賀状作成時にふたたび宛名を打つ手間を省けます♪

ただ保存先には要注意。パソコン本体に保存しちゃうと、そのパソコンが壊れちゃったときに住所録もいっしょにパーになっちゃいます。今年の私のように(笑)。

なので住所録は、外付けの記録媒体に保存するようにしましょう! 私はUSBメモリーに保存しました。これでパソコンが仮に壊れても問題ありません(^∀^)



素材イラストが豊富!
「世界一かんたん定番年賀状 2017」は430円という安さなので、どうせ大した素材イラストは入ってないんでしょという向きが大半だと思われますが、そんなことはありません!

使える素材イラストの宝庫で、430円とは思えないハイクオリティー♪

2017年は干支は酉なので、酉のイラストがあしらわれたデザインがいっぱい入っています (´▽`)

酉1

酉2

酉3
上記で紹介したのはほんの一部で、まだまだ魅力的なデザインがたくさんあります。



また、酉のイラストを使っていないデザインもあります。

年賀状イラスト素材1

年賀状イラスト素材2
正月飾りや梅の花、獅子舞、招き猫、富士山、宝船、雪景色、お餅などなど、汎用性のあるイラストがあしらわれたデザインも十分な数が収録されています♪

これらを使えば、来年も再来年もこのソフトで年賀状作成ができそう!

そう考えると、ほんとコスパ最高ですね(´∀`) 改めて買って大正解だな~としみじみ感じています。



オリジナル
もちろん、添える文章を変えたり、自分が撮影した写真を埋め込んだりもできます。

このソフトを使えば、オリジナルの年賀状も簡単に作れちゃうので、本当におすすめ(☆゚∀゚)



全体
ちなみに私は上の写真のデザインをチョイスしました♪

シンプルでなかなかイカしてますよね!

アップ1 アップ2
添えられている「お健やかに新年をお迎えのことと存じます。本年のご多幸を心よりお祈り申し上げます」という言葉は初期設定のままです。変えることも可能('▽'*)



さいごに
以上、「世界一かんたん定番年賀状 2017」の感想レビューでした。

「世界一かんたん」という名のとおり、本当に簡単に作成できるのでかなりおすすめです!

簡単に年賀状を作りたい方は、ぜひこれを使ってみてください(^∀^)

ちなみに家にプリンターがなくても問題ありません。「世界一かんたんネットプリントサービス」というのを利用すれば、プリントされた状態の年賀状を家まで届けてくれます。プリンター不要♪

「世界一かんたんネットプリントサービス」の利用方法は、本の中に書かれているので、プリンターを使わずに年賀状プリントをしたい方はぜひチェックしてみてください。